6杯砂糖のスカらない話

 

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それ関節技?


Edit Category 未分類
極めに行ってない見せ技、或いは繋ぎ、痛め技の腕ひしぎやアンクルに、これは極ってないだの角度がどうだのとそういう事を言うつもりはまったくないしプロレスファンである以上それらは織り込み済みで楽しめるんだが。


どこも極っていない”ただの見せ技”での決着は正直ドン引きした。


ああ、最早あの団体はそういうのの分からない連中相手だけを見据えて商売してるんだなと。


経験があるから玄人ぶる、とか、U信者だから関節技には一家言あるとかの話ではなくて、少なくとも過去は”素人目には極っているようにみえる”くらいの配慮はあった。


それがどうだ。


厳密に言えば関節技ですら無い、ストレッチ技で勝負あり、だ。


寒いを通り越して魂抜けた。


あれでタップしなければならぬとは、その後膝を押さえてのたうつ仕草までのオマケ付きとなるとさすがに赤面する。


別に最後のそれが膝十字やアンクル、レッグロックの類であれば、実際に極ってようが極ってなかろうが良かったのだ。


呆れたのは、それがまったく膝を決めるもの、いや、どこの関節も決まるような類ではなかったからだ。


只今は、派手な入り方、見た目が難解なもの = 関節技の至高 とでも言うような風潮があるが。


関節技地獄だのなんだのあれで?


平素、エルボーがどうだのなんだの言ってる連中は何故あの関節技もどきには寛容なのか。


あれにこそ「なんだそれ?」と言うべきではないのか。


知識がないからなのか、それとも打撃に重きをおいてグランド技術には目をつむる血の掟でもあるのか。


いずれにせよあの一連の流れを見て、ああ、そういう商売にとうにシフトしたんだったな。と改めて。


誤解のないように言えば、私はかの優勝した選手が嫌いでもないし、線が細いからどうとかビーコンがどうとかそこらはどうでもよいし、敗北したかの選手に是が非でも勝ってほしかったとかそういうわけでもない。


どっちが勝ってくれてもそれはそれで。


多くの選手が試合途中で茶番のように挟むお遊びのテンプレチェーンレスリングや、間を怖れたエルボー、張り手合戦まではまだ許容できるが、せめてフィニッシュくらいは・・・と。


ヴォルクハンを見ろ!ズーエフを見ろ!とは言わない。他団体だし競技性も違う。


だがせめて長くやりすぎて坂口会長(当時)に叱責を喰らったという馳VS武藤のグラウンドを見直すべきではないか。


まぁせっかくのアレに水を差すような記事であれだけどなぁ。


ちなみに新日本のマットで見た関節技の中で最も素晴らしいと心奪われたのは、蝶野 VS 橋本の(蝶野ヒール転向後初挑戦時)蝶野のスクールボーイを腕拉ぎ腹固めで切り返して極めた試合。


往時には垂直落下が8割、時折ジャンピングDDT,三角絞めがフィニッシュだった、橋本が見せた引き出しに直に感動したものだ。


改めて見ると間違いなく極っていて、蝶野の肘が音を立ててるところまで分かる。


そこまでやれとは言わないが。


いずれにせよオレみたいなのはもうついていけない形態に変わってしまったんだなぁ。
スポンサーサイト

542戦の果に


Edit Category 未分類
500勝 42敗


何の数字かというと、KOF14でのクリスタルボーイ VS コブラ(龍)の数字でございます。


500先、つまりはどちらかが500勝するまでのガチンコ勝負で数週間に分けて敢行しました。


結果が500勝42敗と。無論、オレの500勝、コブラの42勝。


勝率で言えばコブラの勝率は7.74%


細かい内訳で言うと


68-4

80-6

60-6

70-9

68-7

64-8

90-2

この結果をもって、本人がどう感じているか。もっと勝たないと!と思っているか、或いは思ったよりも勝てた、と思っているか。


オレ個人で言えば、思ったよりも喰われたなというのが正直なところ。


それも自身の油断や慢心でと言う場面は存外に少なく、時折見せる覚醒したかのようなコブラのいい動きの時に負けるべくして負けたなと。そういう時は、「中々やるじゃないの!」って気持ちに。


同時に、「YOU、なんでそれ(その動き)いつもやらないの?」と言うもどかしい気持ちも。


これはもしかすると、キンプロ時代にコブラ自身がヤマトに対して似たような感覚を持ったことがあるかもしれないねぇ。


確実に上達しているにも関わらず、今ひとつ、今2つ・・・・といった感じで突き抜けれないコブラを根本から鍛え直す為の過酷な500先だったんだけども、流石にこの長丁場で色々と見えたのでポツポツと文字起こし。


コブラキャラを必ず1キャラ入れる。


ってのはオレに対する自分ルール。


オレのメインキャラ並べて、ガツンガツン殺しまくっても得るものが少ないかなと、コブラのメインキャラを基本的にはオレのチームに1人は入れて戦うことにした。


kobukyara1.jpg kobukyara2.jpg kobukyara3.jpg


この3キャラがコブラのメインなので、基本的にはどれかを1人、オレのチームにも交えて500先を戦った。


いいところは、折れないところ。


まぁゆうても、この成績だと即ち、ほとんどをボコられて過ごしてるわけ。愚痴りたくなったり、投げ出したくなったり、捨てゲーしたくなったりしても仕方ないところを、折れずに完走したのはまず立派だよな。


自分の成長速度や、各種修正にかかる時間、解析に要する時間が長いのをしっかり自覚してるので自ずとロングスパンでものを考えて少しずつ前進する材料に転換しているのは立派。


結局のところ、センスが溢れてるやつよりも、少しでも触って続けてるやつのほうが最終的には絶対に強くなるので、これは必要不可欠な要素を既にして持っていると。


まぁ少し褒めたところで、今後改善すべきこと、取り組むべきことを箇条書きにする。


上が出てない。


いわゆる対空。上が見れてないのか出せてないのか、とにかくザル。だからバシバシ攻め込まれる。コイツどうせ上無いからって感じで、ローリスクハイリターンで飛びを重ねていける。


いい木人形ですよ。デク。


これに関してはコブラキャラに信頼のおける対空持ちが居ないってのは大きな理由の1つかな。それでも安易に飛び込ませない技の振りや間合い管理が拙い。拙すぎます。


ガン攻めされると弱い、と言う己の弱点を知りつつ、その弱点を補う動きや間合い管理ができていない、そこに意識を割いていないってのは大雨と知りつつ傘を持っていかないのと同レベルの愚行なので即座に改めるべき。


安牌を切りたがる


これは以前も指摘したけども、基本安牌を切るね、この男は。


行動然り、コンボ然り。


もう一歩踏み込めばってとこで踏み込まない。ガードされても反撃を受けないところまでしか。


もう1段階上乗せできるでしょ!って場面で1段下げた手に馴染んだ安いコンボで妥協する。


やっぱどこで相手のHP喰うか、って部分で。その場面を必死で立ち回りで作るところから、互いにその場面を作る駆け引きから始まって、相手が崩れた瞬間にHP掻っ攫うのが格ゲーなんだから、掻っ攫える場面でしっかり掻っ攫わないと。


特に格上とやる時は安牌行動だと大きくダメージは獲れない。


リスク覚悟で崩しに行かないと、柔道や空手で言うところの掛け逃げ(攻めてるように見せて時間つぶししてるだけの技)が多いと、すぐに相手に見切られて追い詰められてしまう。


もっと貪欲に。パターンも増やして。時には故郷のお母さんのことを思い出して。


行ける時に行く!失敗したらあとで反省!


この心構えでやってほしい。


自分のスタイルと使用キャラのスタイルのすり合わせ


が、今ひとつ噛み合ってないのかなと。


これはキャラが悪いとか、キャラ変えろとかそういう意味ではない。


コブラは基本、対応型なんだよね。


相手の組み立てや動きを見て、それに対応した動きで処理していくタイプ。オレとは真逆。


オレは何が何でも攻め続けるタイプ。押し付け型。自分のやりたい行動、そのキャラの強い技や行動を押し付けていくタイプ。


一長一短でどっちがどうとは一概にいえないけど。


ただそのコブラ自身のスタンス、スタイルに貴方の使用キャラは適しているかな?って部分。


適応させようとしてますか?って話だね。


キングが、テリー、アンディーがポテンシャルを発揮する場面、距離ってどこかな?と。


極端な話、4F小足の無いキングで近距離で先手取られて固めまくられるとこれは正直キツイ。じゃあキングの得意距離はどこですか?


ベノムストライクが安全に撃てる距離?トルネードが確反喰らわない位置?と、考えを広げていって。


キャラが得意な距離や戦法と、自分が理想とする距離や戦法のすり合わせ。ここを深化させる必要がある。


1km先のターゲットを狙うのにショットガンを用意するスナイパーは居ないわけで、遥上空のヘリからショットガンぶっ放すのは西部警察くらいなもんですよ。


適所適材。


自分のスタイルと、キャラのポテンシャルをうまく引き出せる融合点を見つける作業は必要だね。


冷静と緩慢の間


KOFLINEの主催者、ゆきのじょー氏からはこう褒められたという。


「龍さんは落ち着いてるのがいい」と。


なるほど。確かにと思わなくもないが、オレから言わせりゃ


「ヘラブナ釣りの爺かよ」ってくらいに落ち着きすぎ。


じっくり構えて、じっくり対処するのは大事だけども、変に相手を見切って対応して処理してやろうってスタイルが自然と身についてるので、遥か格上であるオレに対しても横綱相撲しようとする。


「あ~なるほどね?」「そうくる?」「やっぱそうか」


分析してるのも、どっしり構えて対応しようとしてるのもよく分かるけど。


「お前既に頭に矢が刺さってんだよ!」っていう。


矢が刺さる前になんとかしようと。「なるほどね?」「オレそれ読んでたからね?」じゃねーんだよとwwww


読んでても喰らってちゃ意味ないから!


こっちゃ読まれようが何しようが、お前の嫌がること、お前のHP喰う事、それらをバンバン押し付け続けるんだから、悠然と構えて、メッタ斬りにされて頭に矢どころか大砲直撃してるのに、「知ってる。オレそれ知ってる~w」じゃだめ!


落ち着きも過ぎればただの緩慢。


機を見て敏!


常にこれを頭の片隅どころかど真ん中において、フロートライクアバタフライ!スティングライクアビー!


相手に合わせない


特に格下に。


対応型の悪いところで、相手が強ければ強いほど~ってのが理想なんだけど、相手が弱いと弱い相手に合わせた対応をしている。


そういう時こそ横綱相撲でしょ得意の。


たまにいい動きでオレを倒すときなんか、「これでアンフィニ君やうずおに負けるはず無いのになぁ」とオレが首を傾げてしまう。


それくらいにいい動きする時あるんだけど、何故か本番で彼らと相対すると同じステージにどっしり立って、よし来い!みたいな横綱相撲をしたがる(したがってはないんだろうけどする)


まだお前はキンプロの王者だった栄冠に酔いしれてるのかと!


この一兵卒が!!!


ぶっちゃけ実力的にはそこらのやつには負けないだけのポテンシャルあると思うんだけど、変に相手に合わせて、動画見ると遥かに格下みたいな相手に苦戦してたり、コロっと喰われたりする。


これがオレからすると歯痒くて仕方ないw


負ける相手じゃないだろ!!と叱咤すると、「そうなんだよね・・・なんか負けてたわ」と。


合 わ せ る か ら 負 け る ん だ よ タ コ


もうすぐ新キャラも来るし。この500先が無駄にならないようにしっかりと!


誰よりも光を放つ、少年・・・中年か。神話になって欲しい。おっさんの星に!

恐竜の世界へ 7


Edit Category 未分類
求)開拓者


支給) 最低限の施設、道具、移動、輸送用の恐竜1匹


と、言うことでね。


フロンティアスピリッツ溢れる燃える開拓魂を持った人間をファッキンガム宮殿は求めていますよと。


現在それぞれ拠点を充実させ資材、戦力(恐竜)を確保し着々と恐竜の世界で反映しつつあるわけよ。


F宮殿本拠地


nikusyokuto4.jpg


言わずと知れたような知れてないようなF宮殿の本拠地。


全拠点中最大規模の敷地と、最大の恐竜数を誇る本拠地。


橋を渡って門をくぐった先に、40匹を超える恐竜ゾーンがあり、その先に洋上に浮かぶ本拠がある。


さらには全施設で唯一の海上施設も搭載。


水門の中には海でも活動可能な恐竜がひしめいています。明るい職場です^^


nikusyokuto5.jpg


制作関連の施設も完璧に整っており、大抵のものはここで作成可能。


各拠点からの物資が集まる、まさに本拠地と呼ぶに些かの躊躇もない大拠点。


拠点近くにはいくつかの小さな監視小屋や作業小屋が点在。


F宮殿雪原拠点


nikusyokuto2.jpg


流氷を眼下に見る、切り立った崖の上にある、北方の拠点。


防寒具無しでは5分と生きられず凍死する過酷な自然環境に加え、周囲の恐竜の強さも桁外れな為、巨大な門2つで拠点への入り口を固く閉ざしています。


土地は狭く、小規模ながらも本拠地と同様の工業施設と、屈強な恐竜を備えている・・・・!


nikusyokuto3.jpg


超巨大輸送用翼竜(積載量2500超え)のケツアルコアトルスを常備しているのは北方拠点だけ!


ご利用の際は死線を超えて北方拠点まで起こしくださいと。原油のさんちでもあります。


あ、寒い職場です^^


F宮殿農場


nikusyokuto6.jpg


別名クラゲハウス。


全拠点中唯一の農園。収穫できるのは野菜のみではなく、漁業から養蜂まで、そしてそれらを調理するのもここ。(クラゲ以外誰も農業や料理をしようとしない)


F宮殿の食を担う南方の熱帯拠点。


nikusyokuto7.jpg


熱帯故に常に熱中症の危険がつきまとうものの、周辺の恐竜は比較的穏やかなものが多く、すぐ後方にはブッシュがあり、木々が生い茂り、すぐ前方の入江で水源にも困らない。


自然の恵みを一身に受けた場所である。


あ、肥料とか結構まいてるみたいなんで、いつ来てもハエがたかってて五月蝿いです。


くさい職場です。


新拠点


今回募集するのは此処!!この新拠点での労働者を募集します。


ご覧あれ!!!透明度の高い美しい海!


nikusyokuto16.jpg


そして所狭しと生い茂る緑!


無論、鉱石から、ベリー等の果実もふんだんに採取可能!


nikusyokuto10.jpg


さらに!!


北方拠点のように極寒に悩まされることもなく、農場のように熱中症の危険もない、暑くも寒くもない、過ごしやすい気候はまるで日本の春を思わせるかのよう!!!!


豊富な資源に、過ごしやすい気候!


すべてが揃った、この新拠点でファンタスティックな開墾作業をしませんかと!!!!!!

























まぁ問題は肉食恐竜がちょっと多いかな?^^?ってとこなんだけど。



ちょっとね。ちょっとだけよほんと。


にくしょくと


こんな感じでね。まぁアクセントだよね。暮らしのアクセントっていうか、彩りっていうのかな。


まままままま!そんなことは些細なことじゃない!


え、そんなの不安・・・って人もご安心くださいよ!!!!


恐竜が入ってきにくい、少し小高い場所に小屋を建てて置きましたよ!!!


ゆうて、ティラノは普通に乗り越えて来たし、アルゲンダヴィスは上空からだったからアレだけど。


そう・・・・・


実は此処・・・・


肉食恐竜のみが闊歩する場所なんだってさ!


まぁご覧よ。





と、まぁこんな感じで、草食恐竜は一切居ないので、肉食恐竜同士が血で血を洗う、殺し合い、喰い合いの螺旋をそこかしこで、昼夜問わず繰り広げてるってわけ・・・・


いやぁwwwwww思ったよりやばかったなwwww


あ、でもいい報告もある。これはまじ。


気候がすごく快適なのは嘘じゃないし、物資が豊富なのも勿論嘘じゃない。なに?肉の調達?そんなの恐竜倒せばなんぼでも手に入るよ。なんせ・・・・


そう、ここが絶海の孤島、通称肉食島!


にくしょくと3


周囲を海に囲まれた肉食恐竜だけが生存する孤島。


他のF宮殿砦との位置関係はこんな感じやね。


nikusyokuto.jpg


どこも遠いんだけど、まぁクラゲんとこが最寄りっちゃ最寄りかなぁ・・・・


だからなんかあったらクラゲに連絡すればもしかしたら野菜とか持って助けに来てくれるかも知んない。10~15分後に。


北方拠点近い?そう思うじゃん?寒いからね。オレは行きたくないって感じだね。だからなんかあったらクラゲに、だね。


あ、念のため言っておくけど、恐竜に襲われて海に逃げ込むのはあまりおすすめ出来ない。


いかんせん海にもきっちりメガロドンやなんやと肉食魚竜が死ぬほどいた。死ぬほどっていうか死んだんだけども^^


なんでそんな危険な場所に拠点要るのよ!!


って思うじゃん?これだからジュラ紀初心者はキツイわーwwww


ここさ、小さな島なんだけど、数カ所にレアアイテム沸くのよね。それを的確にGETするためだね。うん。


他のコミュニティーもそれ狙って拠点建ててるよ。


やっぱ趣向を凝らしてるね。


nikusyokuto8.jpg nikusyokuto9.jpg


こ~んな感じでさ、肉食島から海を隔てた海岸に強固な鉄製で建築してたり、恐竜がこれないように海上に金属製のしっかりした拠点建てたりね。


まぁ中々やるね他の勢力もね。ちゃんと考えてるね、危険な場所で生き抜く術を。


なんだよ、安心しろよ。ちゃんとうちも施設あるから!


もうね、アレよ。


漢らしさ。ってのを1つのコンセプトとしてね。


海の上?対岸・・・?


しゃらくせぇwwwwwwwwwwwww


肉食島のど真ん中に建ててみました。


nikusyokuto11.jpg


なんせここに小屋建ててる間に


ティラノサウルス 2回


アルゲンダヴィス 3回


カルノトサウルス 1回(α)


に襲撃されました。


いやぁwやっぱど真ん中は違うね!なんつっても心意気が大事だからな。うん。


しかもあれよ。金属だの石だの、そんな無粋なもんをこの大自然に建てるの?ってね。


ほんと最近のやつって景観つーかさー、風流ってもんをわかってないよね。


漢は木でしょ。


nikusyokuto12.jpg


いやぁ、するねぇするねぇ?花の香がするねぇえ。住み慣れた我が家に花の香を添えたねぇ。


防御力とかそんなの無視でしょ。


ロハスに生きたいわけよ、せめてゲームくらいはさぁ。おしゃれなロッジにしてみました^^


無論だけど、柵とか、罠とかそんな無粋なものは一切おいてないから安心して欲しい。


ああ、もちろんもちろん、ちゃんとある。ちゃんとあるさ。


ベッドと収納棚!


にくしょくと2


快適空間だねまじで。寝れて収納もできちゃうなんてさぁw


しかもだよ?


収納棚の中にはちゃーんと入れてある。最低限の道具や資材をね。


nikusyokuto14.jpg


今書いてて見直したら、上着入れるの忘れたわ。


まま、いいじゃん。上半身裸でワイルド感出していこ。


よくよく見たら、矢は入れたけど弓入れ忘れたみたいだ。まぁそんな大した問題じゃないねこれは。うん。まだ慌てる時間じゃない。落ち着いてじっくり一本行こう。


そこらにいくらでも木や石あるし、作ればいいさ!


もちろん、ベッドと収納棚以外のスペースは開けてるからね。


nikusyokuto15.jpg


好きにコーディネートしてくださいよ!!


いやぁいけるっしょ。これいけるなぁ?いけるだろまじに。


恐竜島のど真ん中に立って欲しいね。屹立して欲しいよね。


あ、そうだ、肝心なこといい忘れてた。


いい報告あるって言ったもんな、すっかり忘れてた。


ここさ、肉食恐竜しか居ないから肉食島って呼ばれてるそうなんだけどさ。


ちゃーんと居たよ。肉食恐竜じゃない生き物も。




nikusyokuto13.jpg


猛毒持ったサソリが気持ち悪いくらい居た。


こいつは恐竜じゃないよな~。


まじおすすめの職場です!



恐竜の世界へ 6


Edit Category 未分類
小さな小屋を建て、中に布製の必要最低限の衣服と、石製の最低限の農具や武器を置いて、熱帯地方へクラゲを派遣したわけだけども、思ったよりも開墾が進んでいた。


鉄腕クラゲ


種を集め、河川から水を引き、菜園まで完成させていた。ハーベストクラゲ・・・・


とうもろこしにジャガイモにニンジンなどの収穫が可能だそうで、我々のトライブでは実は農業を営んでいるのはクラゲのみなので大いに役立っているということになる。


鉄腕クラゲ。


ただのメガネかと思っていたら存外なフロンティアスピリッツの持ち主だったとはな。油断したわ。


本拠地には砂糖兄専用のアルゲンダヴィス、sugarless(オス)を輸送しておいた。


そしてsugarlessの取り巻きとして荷物運び要因の鳥も配置して、完璧な輸送体制だ。


鉄腕クラゲ3


オレはアクセスしても、だいたい本拠地近くで木材などの資材を調達してそれを資材調達が難しい北(雪山)拠点へ輸送するというスタイリッシュ輸送オンラインになっている。


楽しいのそれ?と聞かれると返答に窮するが、なんとなく楽しい。


長く生きているとこの年齢になっても自分の新たな一面に気づくものだな。


制作関係は好きじゃない。


水や電気を引く作業とか聞いただけでうつ病になりそうだ。


だがオレは輸送は好きだったようだ。不思議な事だ。


最もデンジャラスな北拠点には、とりわけ戦闘能力の高い鳥を配置した。


鉄腕クラゲ4


ティラノサウルスさえ瞬殺するエアフォースだこれは。


たまに(と言うか結構な頻度で)バグって、勝手に何処かへ飛んでいってしまうのが玉に瑕だ。


その度に必死こいて探しに行かないとならない。


見つけて口笛を吹いて巣へ連れ帰る。


輸送&捕獲と言う普通に考えると全く楽しくないひびきの2要素を楽しめるゲームだ。


空軍だけではなく、陸地の探索用に強力な奴らを用意した。


鉄腕クラゲ2


3匹連れていけば大抵の恐竜をあっという間に喰い殺してくれる。智犬さん、犬敏さんは特に強い。


そこらのペットショップに売っているブリーディング物では味わえない野生の狩りを堪能できるのはワイルドものならではだな。


まぁゆうても他人の施設からパクってきたんだけれども。


そして北拠点では極寒の世界をタフに生き残るために毛皮装備が必須。


毛皮の衣服を作るには当然、素材が必要。


牧羊を開始した。


牧羊


他世界で散々バフォメットを狩り続けたオレが羊を愛でる側になろうとは、これだから人生は分からない。


ペーターも草葉の陰で感謝の正拳突きをしていることだろう。


1つ気になるのはどれも羊風情なのにオレよりLvが高いというところだ。こいつら全部マトンだ。ラムなし。マトンはくさみが強いので個人的にはラムがよかった(食う気)


そしてこいつアンタッチャブルらしい


牧羊2


触れた瞬間殺されるからちょっかいだしたらだめですよ!


と、砂糖兄に言われた。シュガーストップ。


ティタノサウルス・・・・そのトカゲ、危険につき。

恐竜の世界へ 5


Edit Category 未分類
雪山へ3


活動範囲を広げるべく拠点を離れて、各所にFuckingham砦を建設中。


対岸に他組織(トライブ)の拠点があったので破壊して、Fuckingham砦を設置。他人、及び他の集団の建設物がある場合、その周囲には建物を設置できないのでいわゆる陣取り的な。


気持ちだけは土建屋。


本拠のある場所は比較的気候も穏やかで住みやすかった。


まずは本拠と比較して相当に気温の高い熱帯林地域に拠点を作成。周囲の恐竜も本拠より強め。とりあえず一瞬で喉が渇く。すぐに脱水症状になる厳しい場所だ。


ここには毒クラゲを派遣


「そこ開拓しといて。最低限の装備と小屋は作っておいたから。」


現在、毒クラゲが1人で熱帯林地方を開拓中。土地の過酷な環境に加え、協力マルチプレイなのに、延々とソロプレイを強いられるという劣悪な環境だが、これがファッキンガム宮殿のやり方・・・・!


毒クラゲは頑張っているが、水の中のクラゲを見つけて、「あ!クラゲだ!」とか言うのは辞めて欲しい。オレ、相手が笑わそうと思って言ってるしゃべりには相当強いけど、そういうのに地味に弱いから!!!黙って共食いして欲しい。


熱帯をクラゲに任せて、本拠の改築はボスである砂糖兄に。


そしてオレは豪雪地帯へ。


雪山へ


やばい。


雪山地方、洒落になってない。


ティラノサウルスは元より、ダイアウルフに、ユウティラヌスにアルゲンダヴィス、凶悪な肉食恐竜の巣窟だった。


そこかしこに今のオレでは手に負えない肉食恐竜が闊歩している。


そして零下の環境故にすぐに体温が下がり気を抜くと凍死する、熱帯が可愛く見えるほどの劣悪な環境。


雪山 is dangerous

アルゲン4


デンジャーゾーンデンジャーゾーンとは聞いてはいたが、ここまでデンジャラスとはケニー・ロギンズですら予想しなかっただろうな!


おそらく7往復はしたと思う。


本拠で資材を調達し、建築材を作り、それを運んで少しづづ拠点を作った。孤独な作業だ。うっかり4度ほどダイアウルフやティラノに遭遇して孤独死したくらいには。


捕獲してからLv172まで大切に・・・・蝶よ花よとかわいがって育てたオレのプテラノドン(pute)がこの雪山開拓の最中に死んだ。これマジショックでコントローラーをモニターに叩きつける寸前だった。


またしてもオレの翼竜が風になったのだ・・・・・


怒りと哀しみで途方に暮れていたら、あぐがいかだで雪山へ送ってくれた。


アルゲン2


なにこれ、いかだ超イカすwwwww


これまで空のルートで危険地帯を避けつつ、プテラノドンのスタミナ回復で危険地帯に着陸して休みながら、必死で往復してたのが嘘みたいだ・・・・・


いかだ超早いし、安全だし、荷物いっぱい詰めるし、オレいかだをこれまで過小評価してたわ!!!


恐竜乗れるのにわざわざいかだなんか乗るバカがいるかよwwwwくらいに。


いかだ先輩ごっつぁんです!!


海は透明度が高く、場所によっては美しいサンゴ礁などを見ることが出来る。


アルゲン3


メガロドンとか首長竜が物欲しそうに泳いでてせっかくの景観台無しになるけども。


透明度が高い水はそのまま水中の栄養素の少なさを意味する。プランクトンが少ない故に透明度が高いのだ。


故に生物にとっては決して生きやすい環境ではないといえる。トリコで読んだから、島袋が間違っていない限り間違いではない。間違っててもオレのせいではなく島袋(トリコ作者)のせいだから問題ない。


とにかくいかだを見くびってた。素晴らしいものだ。


そして砂糖兄が失意のオレに新たな相棒を捕まえてきてくれた。


捕まえてきてくれたというよりは、他人の恐竜を盗んできてくれた。あぐも砂糖兄もすきさえあれば他人の施設からアイテムや恐竜を盗んできてるんだけど、これそういうゲームなのか?!


今度の相棒はマジきてる。きてるぜこれ!


アルゲンダヴィス


アルゲン


速度以外の全てがプテラノドンの上位互換らしい。


スタミナ抜群で、積載量も桁違い、そして恐るべき戦闘能力。


最高だぜコイツ・・・・


ガルダンディーと名付けようと思ったが、コイツには最高の栄誉を与えなければならない。


オレはリアルでも特に気に入った仲間(ペット)には自分の名前から一文字与えることにしている。現在一緒に暮らしているミニチュアダックスがそうであるように。


故にコイツにもその栄誉を与え、トリトシと命名した。強く生きろトリトシ・・・!


今なら空のトリトシと言う完全なオリジナルのまったく斬新な漫画を描けそうだ。


クラゲに一羽与えたら、鳥クラゲと名付けていた。ナメてんのかこいつ。


こうしてオレの雪山開発は飛躍的に進んだ。


アルゲン5


ディアトロフで鍛えられたオレには雪山がよく似合う。


そして拠点へ戻ると。


雪山へ2


妙な生き物が増えていた。


テリジノサウルス・・・・


草食恐竜でありながら大型の肉食恐竜ともタイマンを張れると言われたあの・・・


また砂糖兄がどっかの他人からパクってきたらしい。


当の砂糖兄は拠点のベッドで寝てた。


いつものようにドア開けっ放しで。


ドア開けたままにしたら、オレのかわいいドードー(ペア)逃げるから閉めてくださいよ!wwwwww


オレの雪山開発は続く






 
05 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

04 06


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。