6杯砂糖のスカらない話

 

ほげほげほげほげほげ


Edit Category KOP
iyaonaka.jpg


umuhito.jpg


第7回ほげほげカップが目前に差し迫っている。

大戦にあたり、我が軍からは、ビッグ・ザ・武道(E)蒼武道聖Vヤマトの3名がエントリー。

中々に厳しい縛りのあるルールだが、縛りのあるルールで戦うのは、デッキと向き合う時間をより

長く、濃くすることであり、それ則ち自己練磨の手段としては至上の1つであることに他ならない。

うずおのカシラにも出陣を促したのだが。





「カシラ!これは千載一遇の機会ですけん!適当にブログ開設して参戦したってくださいや!」

うずお 「ワシ程のモンがそがいな物乞いみたいな真似できるかい!」




と、我が献策も取り付く島も無く退けられたのである。自分が出るまでも無いと。

カシラのこの誇り高き言葉には組員一同

「嗚呼・・流石ワシらのカシラじゃ・・誇り高き御仁じゃ! 284位のくせに。

と、尊敬と感激の涙を禁じ得ないのである。 

代わりと言っては何だが、公式終了後すぐに、ほげほげカップへの参戦者への餞に、事前リーグを

開催してくださった。

ほげじぜん

ほげほげカップと同じレギュレーションによる事前リーグであり、名前も微妙にパクるところにカシラの

非凡なセンスがキラリと光るのである。分かる男の粋なはからいと言える。

が、しかし中盤戦を折り返して成績は件の如し。

ほげじぜん2

まさかの聖Vヤマト独走

万年公式1000位以下だったヤマトが・・・・

「オレのせいでコミュ順位下げてすいません・・・」と落胆し詫びるヤマトに

「そんな事気にするなよ!」と励ます。幾度このやりとりをしたか・・

そもそもコミュ順位に反映されるのは上から5人であって、カシラ、ワシ、あぐ、しゃの、シロクマさんが

その5人であったからヤマトが1000位だろうがなんだろうが関係ないのだが、それはあえて言わなかった。

何故言わなかったか?ってそりゃ落ち込む姿を見るのが楽しいからである。

そんなヤマトの成長。そして見過ごせないのは、カシラであるうずおの優しさである!

ほげじぜん3

下には新兵2人とNPCしか居ないという、あ・え・て・敗けて参加者に自信をつけさせるという

これまたカシラの海より深い慈悲の心がキラリと溢れる、粋なはからいなのである。うん。

この姿を見て組員一同

「嗚呼・・さすが我が君・・・誠に仁慈の人であらせられる さすが284位 

はらはらと落涙し、より一層の忠誠を誓うばかりである。



さて、カシラが如何に徳の高い御仁であるかの話はここらにして、少し気づいたことを。

実は自分にとってはあまりに縛りのきついレギュレーションで、”そのレギュレーションでデッキを作る”、

ということで精一杯で強い弱いを論じるところまで行けていないというのが現状。

それがこの事前リーグで少し分かってきたというところか。

選手とブーストで同一レアリティーが使えないというルールの中で

選手のレアリティー重視か、ブースト重視か?が1つの焦点かなと。

例えば、後藤柴田を組ませるとして

Rjyuusi1.jpg

なのか

Rjyuusi2.jpg

なのか

Rjyuusi3.jpg

なのか。逆も含めれば4パターン。あれこれ試してみたんじゃが。

他者のも含めてみるとうっすら正解が見えるようで見えないようなチラリズム。

それでいてそこはさして重要ではなく全体のバランスでもあるようなモヤっと感。事はそう簡単じゃないと。

しかしながらここらが掴めれば公式などにおいて、コスト調整する場合の指針にもなるかと。

個人的にはブースト優先で組むのが正解か?と感じた矢先に

tonngajinn34.jpg

この組み合わせで3連敗。う~ん。

組み合わせに悩むのは当然ながら、統一コンボの有無も大きな悩み。

ワシの場合、このルール下で用意できる統一コンボは本隊のみ。

必然、2種用意したデッキのうち1種は混成となる。若干ネタバレになるが、ワシのG3。

tonngajinn3.jpg

トンガ人+ドントストップピッグのトンガンピッグコンビだと統一コンボの本隊相手なら

ゲージ的には遜色ないレベルで戦えるんだ・・・・それでもトンガンピッグなら・・・トンガンピッグなら・・

とか思って組んだが実際は容赦なく厳しい結果が。やっぱ統一コンボ必須なのか?!

色々と穴は見えてきたんだが、修正するにもカードが・・・と言うね?そんな折に来たで!!

hogehogeB.jpg

ほう・・・・

20150209041355499.jpg

第7回ほげほげカップ予選Bとな!?

流石はほげさん・・・味な真似を・・・・ワシをAじゃなしにBに組み込むゆうことは即ち!!

第7回ほげほげカップ予選BのBは武道のB!!

と言う事に他ならんのだろう。長いわ!!!しかし後藤か武道かと言うくらいには燃えた。

武道革命

見せる時が来たで・・・・ツイッターでチンコ晒すとかじゃなしに。

ヤマトとはAとBに別れた。蒼武道とは同じBか。さすが武道のB。

うずおフーリガンズの面目を保つには誰かが決勝残る以外に無いで!!

とりあえず最低限、開始までに道場レベル29に持っていく。


スポンサーサイト
 
03 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

02 04


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS