6杯砂糖のスカらない話

 

【G1 CLIMAX 25】今日のオカダカズチカ


Edit Category KOP
丘勝ち  VS  bt_14_035_thumfac_sp.jpg


お互い余裕を見せながらの静かな立ち上がり。


いつものオカダのクリーンブレイクをマシンガンも真似してグランドへ。


ハッキリ言って、最近の新日本の序盤に見せるお約束のような流れはクソ。


なんのテクニックも無い腕の取り合いから首投げ、ヘッドロック、投げられたほうがヘッドシザースで切り返して


立ち上がってお互いポーズとって拍手。そこから巻き投げの応酬などなど・・・うんざり。


なんのつもりか知らんが、どの選手の組み合わせであってもこの流れを見せる。


本当に馬鹿馬鹿しくて萎える。昔のほうが良かった、などと言うつもりはないが本来玄人受けする技術を


見せ合うべき場面までも固定のテンプレムーブで拍手を誘うとは情けない限り。


それで”プロレスリング”と言えるのか。往年の馳、武藤程にグランドをやれとは言わないがあまりに酷い。


話を試合経過に戻す。


軽い場外戦を経て、リング内とエプロンでエルボー合戦。制したマシンガンがロープ越しのガンスタンから


ランニングフロントハイでオカダを場外へたたき落とす。


エプロンへのパワーボムを喰らったオカダがカウント19でリングへ戻ると、3回にわたるしつこいフォールで


オカダのスタミナを奪う。


オカダもコーナードロップキックでマシンガンを場外へたたき落とすがダメージの為追い打ち出来ず。


首を気にするオカダ、右腕を気にするマシンガン。今年のG1は怪我人続出。


結局先に仕掛けたのは今回もマシンガン。フィッシャーマン式で持ち上げてからの牛殺し。


オカダもランニングエルボーで反撃。


しかしオカダの攻撃は点が線にならない。一発入れて反撃に転じるものの、そのまま起き上がれず


単発で終わってしまう。流れにならない。


フロントハイキックと、ランニングエルボーをお互い決め合ってまたダウン。


オカダがエルボーからのレインメーカーポーズ。読んでいたマシンガンが即座に起き上がってポーズ中の


オカダにガンスタンを仕掛けるがオカダが回避、ドロップキック狙いもマシンガンが回避。


ランニングライガーボム、ダイビングリバースガンスタンと立て続けに決めたアンダーソンだが


3カウントは奪えず。


ドロップキックを決めたオカダに執念でガンスタンを狙うもツームストンで切り返されて万事休す。


当たりの浅いレインメーカーで終了。


うーん、なんだか全体的に今年のオカダのG1はつまらなく感じるな。


正直これならエルガンVS裕二郎のが良かった。凡戦。


丘勝ち  VS  まけはげだそん


オカダカズチカ 4勝1敗  勝ち点 8



















スポンサーサイト

【G1 CLIMAX 25】今日のマイケルエルガン


Edit Category プロレス
得る勝ち  VS  bt_14_039_thumfac_sp.jpg


開始直後に裕二郎を軽々とリフトアップでパワーを誇示するエルガン。


得意の滞空時間の長いスクワット式ブレーンバスターでエルガンが先制。


しかしセコンドのコーディーの介入と場外乱闘ですぐに裕二郎がペースを奪取。


裕二郎は打撃とラフ殺法中心の組み立て。


5分経過のアナウンス直後にエルガンが延髄斬りで反撃。パワー殺法に目が行きがちだが要所要所で


的確に決めて流れを変えるエルガンの延髄は一級品。


互いに得意とするぶっこ抜きジャーマンを先に仕掛けたのはエルガン。


なんとか凌いだ裕二郎。座った状態の裕二郎をそのまま引っこ抜いてブレーンバスターの体制も


裕二郎が着地して噛み付き。


すぐにエルガンも噛み付きでお返し。インカレスラムからフィッシャーマンと畳み掛ける裕二郎だが


決定打は奪えずカウントは2。


マイアミシャインの体制に入るがエルガンが着地して、2発目の延髄斬りで裕二郎の攻勢を切る。


コーナーマットへの投げっぱなしジャーマン、エプロンに逃れた裕二郎をセカンドロープから引っこ抜いて


ファルコンアローに場内どよめき。カウント2で返して場外へ逃げる裕二郎、介入しようとするコーディー


と裕二郎を分断してコーディーにエプロンを走ってのトペコンヒーロを決めて排除するエルガン。


その隙を突いて場外でフィッシャーマンを決める裕二郎。


舞台をリング上に戻して裕二郎の投げっぱなしジャーマン炸裂。すぐに起き上がったエルガンがラリアット合戦


を制してからのコーナーへの投げっぱなし、そしてエルガンボムで3カウント。


好勝負の様相だったがパワー、技の精度、全てにおいてエルガンが上回っていたが故の当然の勝利と


分析する。


得る勝ち  VS  まkじろ89


マイケルエルガン 3勝2敗 勝ち点 6

 
08 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

07 09


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS