6杯砂糖のスカらない話

 

コスト35デッキでの対抗戦 2


Edit Category KOP
ロビーさんブログより

KOKべる


KOKベルトは遠いなぁ


KOK挑戦者決定戦は散々な結果でした。この先はまた、出場資格を獲得するところから。まぁ紙面に入らないと


厳しいですな。今年の2回の公式は11位と32位。改めて厳しい門だなと。


ま、またしっかりと出場権利を獲って、ベルト狙って行きたいですね。







さて、昨日に引き続き、キンプロ女子部さんとのレギュレーション縛りの対抗戦。


4戦目はKOK王者に御出座し頂きました。


【ロビーさんのコスト35デッキ】


こぶぷろろびさん


robisann35noiti.jpg
robisann35noni.jpg
robisann35nosann.jpg


コスト0 1枚
コスト1 6枚
コスト2 7枚
コスト3 5枚
合計コスト 35


これまでの3人とは違ってコスト4以上のカードの使用数が0。その分、コスト2と3を多く使っています。


加えて小島、永田の使用は私や若井さんと同様ですが、天山のクソガキが!に頼らぬ構成なのも


特筆すべき点ですかね。


【万能系】


万能型と言うとやや語弊がありますが、選手によっては強力な(使い易い)ブーストを所持していない、


或いは、本人ブーストを付けるよりも他を付けたほうがマシ、と言ったカードが存在します。


その場合、本人部分を捨てて、任意部分の優れたものを代用するケースがあるわけですね。


是迄も数枚似たような系統の万能系のブーストがありました。6弾ツームストンなどが好例でしょうかね。


koremadenoseori-.jpg


オカダで無くとも、使用者がレスラースキルさえ持っていれば高確率で☆4という優れものでして


とりあえず有用なブーストが無い場合、これを付けておくと言う人も多かった。


今回ピックアップするのはこれ。


先日のニコ生でも少し触れたのですが、いわゆる万能型のブーストとして、今回の対抗戦で言えば


若井さんやロビーさんが使用している1枚。KOKではコブラも使用していましたね。


kobukobukobukobuji.jpg


コブラを柴田以外で使用した場合、期待出来る☆は下記の赤部分を除いたもの。


一定確率でスタミナ+☆☆~☆☆☆☆
この値は相手チームのユニット《新日本本隊》以外のレスラーの人数に応じて上昇する。
両チームでスタイル〔グレーテスト〕を持つレスラーが3人以上いるなら、低確率で+☆☆☆☆☆
使用者が「柴田勝頼」なら、一定確率でスタミナ+☆☆☆☆


任意部分のみ、それも条件が付いているものの、最大で☆×9が見込める。


低確率オンリーではなく一定確率も混ざっての☆×9というのもポイントですね。


ツームストン程の安定感は当然無いものの、任意部分での一発勝負に出るには優れたカードですね。


選択肢に窮した時は使ってみるのもいいかもしれません。


宮殿勢だと少し以前からコブラ&ロビーの2枚看板が使用して結果を残しているのでやはり優秀な1枚


なのでしょう。






最終戦を務めるのは宮殿の白い粉と怖れられた砂糖兄ことハーマン卿。


武家社会である宮殿における唯一人の貴族、お公家様であり、絶対権力者でもあります。


【ハーマン卿のコスト35デッキ】


konasiroani.jpg


sirokona35iti.jpg
sirokona35ni.jpg
sirokona35sann.jpg


コスト0 1枚
コスト1 6枚
コスト2 8枚
コスト3 3枚
コスト4 1枚
合計コスト 35


殿上人に相応しい実に雅なデッキとなっております。特にグレード4のレアリティーG1でのGBHコンビ


などが他の4人には見られなかった組み合わせですね。摂関政治炸裂と言ってもよいでしょう。





【総括】


では今回コスト35戦に出場した5名のコストを全体でまとめてみます。


コスト0 10枚
コスト1 24枚
コスト2 37枚
コスト3 19枚
コスト4 5枚
合計コスト 175


最も多く使われたのはコスト2のカードと言う結果。


最もコストを削減し易い、コスト0のカードは意外にもそれ程使用されていないんですね。


コストカットの必要性に迫られながらも可能な限り戦力を落とさずデッキを組む事を考えると、コスト2を


中心に組みつつ、要所でコスト3の強力な選手やブーストを投入するという形なのが伺えます。


最も多く使われたカード


実は調べてみると最も多く使われているカードでも3枚。それ以外は被りが2枚以下と言う結果に。


sirokona35sann4.jpg 3名が使用


若井さん、ロビーさん、お公家様の3人が使用。選手もブーストも全く同じ組み合わせです。


改めてPRサムライ+DDTの有用性が伺える結果となりました。


ookutukawaretaka.jpg 3名が使用 


クリスタルボーイ、ロビーさん、お公家様の3名が使用。


しかしブーストは三者三様で全て違うものとなっています。


これも面白いところなので補説加えつつ見ていくことにします。


クリスタルボーイ


真壁やDDTによる発動率ケアを使用せず、グレード1に組み込んだ私は高確率重視でこちらを。


uesutannriyuu.jpg


コストは2ながら、本人部分で高確率☆×4、任意で一定☆×4と言う安定性を重視。


発動率ケアのカードを組み込んで居ないが故に単体で発動率が高く、威力も高いものをチョイス。


ロビーキーン


真壁、DDTによる二重の発動率ケアを擁するロビーさんはグレード1で使用。


teikakunagaramo11.jpg


低確率絡みながらも最大で☆×11の威力のぶん殴りラリアットをチョイス。コストは1。


発動にもう1枚、ラリアットを冠するブーストが必要だが、真壁のキングコングダブルラリアットでクリア。


やはり真壁+DDTと二重の発動率UPを施しているからこその選択だと思われます。


お公家様


前出の二名とは違い、グレード2に上げてタッグで使用している砂糖兄の選択はこれ。


gouraririyuu.jpg


タッグマッチ用ブーストで一定確率ながら☆×7が見込める一枚。


更にはコスト0なのでここで大幅にコスト削減が可能。


デッキ全体の傾向やバランスでそれぞれが何故そのブーストをチョイスしたかの理由が見えてきて面白い。


更に、カードは違えど若井さんもこちらの小島を使用しています。


kojimagaitibannooi.jpg


そしてやはり、真壁の発動率ケアを擁する若井さんの選択は


dabubureriyuu.jpg


低確率絡みながら爆発力に長けたダブルブレーンバスター。


真壁による発動率ケアを施している二人はやはりこういうカードを。そうでない二人は別の選択肢ですね。


これによりカードは違えど最も多く使われたレスラーは小島聡と言う結果に。


さて、サムライやDDT、16弾小島と同じく3枚使われていたカードがもう1つ。


mottomoookutuka2.jpg 3名が使用


クリスタルボーイ、若井さん、お公家様が使用。


小島や永田とのセットで強力な支援スキルが発動する16弾天山。


それ故に小島や永田を使用しつつも天山を使用していないロビーさんが異彩を放つ訳です。


天山支援無しでも有用であるという事を示してくれたといえるでしょう。


こちらも三者三様でブーストが違うので見ていきます。


クリスタルボーイ


前回のエントリーで記した通り、後発の12弾内藤のスキル条件を満たすため+コストカットの意味合いで。


monngoriyuu.jpg


コスト0でボルテージ上昇効果を持つ。尚且つ試合前スキルもあるのでモンゴリアンでもあわよくば勝ちを


狙えるだろうと言う意図で使用しました。


若井さん


グレード2で小島と組ませた若井さんはやはりこのチョイス。


daburaritennzannriyuu.jpg


パートナーの小島のブーストと合わせてダブルブレーンバスターを使用。


お公家様


パートナーである小島にコスト0ブーストを付けてコスト削減しているからこその。


anakonnriyuu.jpg


高威力のコスト3ブーストを雅に使用。相方のコストでバランスをとっているからこその一手ですね。


デッキ全体、支援の有無、パートナーとの兼ね合い、コスト面、色んな方向でそれぞれが多種な選択を


しているのが伺える材料でした。


最も低いコストと最も高かったコスト


ちなみに今回全体で使われたもっとも低いコスト、コスト0のカードは


クリスタルボーイ使用

kosu0noiti.jpg kosu0noni.jpg


若井年寄使用

mottomohikukatta1.jpg mottomohikukatta2.jpg


コブラ・ザ・サイコガン使用

mottomohikukatta3.jpg mottomohikukatta4.jpg mottomohikukatta5.jpg
mottomohikukatta6.jpg


ロビーキーン使用

mottomohikukatta7.jpg


お公家様使用

mottomohikukatta8.jpg


これも意外な事に1人も被っていないという結果に。


CHAOS染のコブラはともかく、残る4人は本隊多めであるにも関わらず被りなし。不思議なもんですね。


最高コストであったコスト4は、16弾飯伏(クリスタルボーイ、お公家様)、2弾長州(若井さん)、


5弾邪道・外道(コブラ・ザ・サイコガン)の4種でした。


レアリティー別


最後に使用されたレアリティーをまとめて終了とします。スタンダードのダブルブーストが5組。


使用されたカードは1組につき19枚。5人合計で95枚。


PR 4枚
C  1枚
レアリティーG1 7枚
R 22枚
RR 18枚
RRR 43枚
合計 95枚


と言う結果に。PRは3名が使用していたサムライと、ロビーさん使用のライガー。


意外なことにコモンは若井さん使用のストンピングのみ。RRRが圧倒的に多いという結果でした。


予想外だったりしません?






























ま、長くなりましたが大凡こういう感じで、5-5実験リーグを終了しました。


なかなか興味深いデータが採れたと思っています。


sirokona35sann5.jpg


今回我々の試みにお付き合いくださったキンプロ女子部の方々に改めてお礼を申しあげます。


本当にありがとうございました。


おかげ様で楽しみつつ、学ぶことが出来ました。また何かの折には是非よろしくお願いいたします。













たまにこうやってまともな口調で真摯な態度を見せるのがモテるコツです。


ギャップ萌え~wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwってなぁwwwwww
 
03 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

02 04


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS