6杯砂糖のスカらない話

 

41公式 4日目


Edit Category KOP公式
bt_19_013_mainfac_rr.jpg


9勝3敗で終了。


新弾補正(と言うものが真にあるならば)も手伝ってかそれなりに優秀な戦績を残した。


おそらくは同弾のRR柴田よりはこちらの方が優れているのではないかと考える。


その所以はレスラースキル、ブースト共に高確率を含み安定性が高いからと考える。


4日目からは遠征組を一斉帰国させるが、終盤のデッキは序盤よりも完成度が低い。


と言うのもメイン落とし前提で作ってあるデッキだからだ。


かと言って他のグレードに盤石な部分がないという実に不安定なデッキになっている。


では何故それを採用したのかというと調整で調子良かったから。それに尽きる。


弱点や不安要素は多いが長丁場だとそれなりの勝率だったから。


スキルが安定してくれればまぁそれなりに戦えよう。安定しなけりゃ是非もなしと。


しかし今後忙しいぜ・・・・


8月


hatigatusann.jpg


10月


0505-680x383.jpg


11月


7b114fe4.jpg


1月


20160614-hara-01.jpg













【15戦目】


対戦して燃える相手が3人居るとは前述したとおりだが、一度の大会でそのうちの二人までもと


遭遇できるとはディ・モールト良し!!!!


相手は最上!コブラ・ザ・サイコガン!


KOK決勝で奴に敗退し、王者に届かなかった。しかしオレを降して王者となったコブラは公式での成績不振に


より一度も防衛すること無く王座陥落。今だから言うけど。


オレすっっげーーー微妙な気分になったから!


KOFの前にそのたるんだ精神に喝をいれてやるよ喝を!1!$”#!


お互い片手落ち。方やコブラはみのる不発。オレはウルティモ不発。ピリっとしないねw


aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg


喝をいれられました。


コブラとは紙面で当たる率多くて大体負けて紙面から落とされるパターンwww




【16戦目】


相手は猿助氏。


公式ではない何かでちょいちょい見かける名前だけど、それが何処だったか。


siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg


終盤デッキ、機能せず。やっぱ確たるグレードが無いのがダメか。




【17戦目】


やばいぜ・・・後半デッキが振るわないせいか、GOザキシオが早くも恋しくなったぜ!!


フラッシャー!!!!


相手はオラオラ承太郎君。かなり久しぶりな予感!!


siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg


ふむ。前戦に続いて2連続ケニーをスカされたようだ。まぁそうか。



【18戦目】


予定通りというとおかしい表現だな。予想通り、か、終盤デッキに変えてからは順位は下る一方。


ここで今大会3人目の公式王者、アミバ氏。


ここの戦績次第では得意のアレを出すしかあるまい!


siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg


今大会初の1-4負け。これはやらねばなるまい!


無遠征デッキの投入を!wwww


 
【19戦目】


岡本っさんと!


無遠征投入!そして・・・・!


siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg


くそwwwwwwwwwww


これで心置きなく最終日をいろいろあそべるぜ・・・・!


















スポンサーサイト

41公式三日目


Edit Category KOP
とりあえず三日目までを戦ったNOAHデッキの詳細から。


mikkamemadeA1.jpg


支援にウエイトを置いたグレード1。


序盤はムタとの遭遇率も低かろうと言う想定で支援飯伏を導入。勝率は芳しくはない。


特にここ永らく気になっているのが


annmakawannnaku.jpg のアドバンテージ


これが非常に下がっていると感じる。15弾辺りから顕著なように個人的には思える。


どういう事か。


棚橋を起用するにあたって可能であれば最大威力であるコスト3HFFをブーストしたいと言うのは


誰しも同じだろう。コストが許すならばそうしたい。


だが、実際は


annmakawannnaku2.jpg annmakawannnaku3.jpg annmakawannnaku4.jpg


ここらと相対した時にコスト差、☆の差程に勝率が上がらないという現実。


特にシングル戦などで顕著でこちらがコスト3HFF、相手がT&Sとかでも普通に互角。下手すると負けが


多かったりする。そう感じている人は少なくはないのではないか。


砂糖兄を始め、近しい人へ尋ねてみるとやはり同じ感想が返ってきた。それが意味するところは何か、について


考察を綴ると長くなるのでまたの機会に置いておく。


mikkamemadeA2.jpg


これはメインの永田支援の為のグレード。


当初は天山のパートナーとしてこちらの起用を考えていた。


annmakawaranaku5.jpg


互いに打撃持ちなので(連携+2)が付くのがメリット。


永田メインだとかなりの割合でグレ2にテンコジ、少なくとも天山が来るので似たようなグレードを連携の恩恵と、


最強ハイの安定性で獲ろうと考えたから。


だが実際調整で使用してみたところ、その連携+2の恩恵はほぼ感じぬ戦果となった。


普通にテンコジと互角程度の勝率なのだ。で、あるならばコスト6も割いて望月を組み込む必要は


無いので普通に小島にした。テンコジで組むにしてもクソガキが!で組むほうがグレ2自体の勝率は


若干上がる。代わりに永田への支援はやや下がる。だがいずれにせよ大差は無いと感じる。


余談だが望月を使う場合は小島が消える代わりにナガタロックの条件を満たすためにグレ1に


中西&ヘラクレスカッターを入れていた。


mikkamemade2.jpg


変化を求めた挙句に行き着いただけで特に深い意味は無いが、それなりに安定して戦えるってのを


公式前夜の練習試合で試したので投入。結果は今回の公式レビューで記載してきたとおり。


mikkamemade2A.jpg


真壁がグレ4に居る限り、相方は誰であっても大勢に影響はないと考えている。


グレ5永田を下げて組ませると頭1つ勝率が抜けるが、永田はセオリー通りメインで使うので。


そうなるとよくあるパターンは中西や藤波あたりなんだがグレ3ザキシオの条件的に丸藤。


ただし、潮崎が存在している+メインがノア所属ではないのでブーストにポールシフトは使えない。


mikkamemade3.jpg


おそらく終盤は永田メイン、或いは永田対策の橋本か、定番のキックオカダあたりが増えると思ったので


序盤で使おうと。ミラー嫌だから。ま、取りこぼしはあったものの普通に強い。



と、序盤デッキを振り返ったところで本日の戦績。


【10戦目】


相手はこれも初遭遇か。


ここに来て初遭遇がそれなりにいるってのは、新規が増えたのか?或いは古参で急激に力をつけたのが


多いってことか。いずれにせよ新陳代謝はキンプロにもあるようだ。


それにしてもJrデッキの支援効果ってのは分厚いねぇ 


スキル発動前の攻防だけで下手すると倍はクライマックスゲージ離されやがる。


mikkamemade35.jpg


KUSHIDAとは3戦目だが遂に敗北してしまった。GOの限界!?


aikonnsio1.jpg aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg aikonnsio1.jpg



【11戦目】


相手は制御不能らしい。何度かやったことがあるような気がしないでもない。確か以前は玲羅軍とか


って名前だったような。キンプロで~軍って多いのはどういうアレなんだろうな。


その名の通りLIJ中心のデッキだ。


mikkamemade35BIJ.jpg


現在のマット界での勢いの差か、Goザキシオ無念の3敗目を喫す。


aikonnsio1.jpg aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg



【12戦目】


これも久々。マルちゃんと。


ここ最近の公式はコブラとロビーさんと交互に当たる感じで、それ以外の知り合いとは然程当たらねぇ


感じだったが、今回はビーローさんに続いて2発め。


そして今大会初の真壁スカり。


mikkamemade35BIJ9.jpg


されどGOザキシオは三日目初勝利で9フラッシャー目。ザキシオパイセン剛腕復活!


siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg aikonnsio1.jpg aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg



【13戦目】


ここで大幅にデッキチェンジ。潮崎先輩とお別れ。さらばGO。ありがとうノハ!


理由は簡単。相手がムタだったので。そしてその相手はエリーメーカー。公式で負けた記憶はほぼ無し。


彼とも随分久しぶりに公式では相まみえる。


aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg aikonnsio1.jpg aikonnsio1.jpg


フェッフェッフェッフェッ。


なんで勝ったかって?そりゃ毎朝コーンフレークを山盛り二杯食ってるからさあ。



【14戦目】


三日目最後は将棋君。


今回紙面で戦い続けているようでいい緊張感でやってるようだ。フフ・・・オレから言わせりゃ順位なんざは


4日目からでいい。初日から三日目までの順位で一喜一憂してるようで最後までHPと精神が持つのか!?


オレが楽にしてやろう。元宮殿の同胞として。


が、しかし。


ここまでの将棋君のデッキを見るとJrか、永田、そこらの使い分けのようだ。


と、なると、そのどちらかで来る?


それともムタを温存してるか?温存してたとしてそれをオレとの戦いで出してくるか?


諸々考慮するにオレのデッキはどうすべきか。


最悪のパターンはムタを使われること。


ムタが使われ、発動したならば序盤デッキのままだと実にこの2枚が無効化される。


mutatukawareruto.jpg mutatukawareruto2.jpg


リスクを考えて最悪のパターンを想定すると、やはりデッキチェンジをすべきだろう。


オレがずっと永田をメインで使っているのはオレの結果を見れば解る。


と、すればぶつけてくるのはムタキックのオカダか?或いは永田ミラーか。それとも橋本か。


いずれにしてもリスクは減らしておくべき。全体的にデッキを組み替える。


最悪の次に悪いのは、特に今回将棋くんに動きがなく、無駄なデッキチェンジになってしまう事だが


それは最悪のケースと比較するとまだいい。


と言うわけでムタを想定して、そしてメインを永田かオカダと想定してデッキチェンジ。


オレのファイティングコンピューターは何通りも想定して勝ちへの道をはじき出す!!


Jrデッキのままでしたー♡


aikonnsio1.jpg aikonnsio1.jpg siohaitaiaiko2.jpg siohaitaiaiko2.jpg aikonnsio1.jpg

  
このオレを侮ったか!?あれこれ考えたのにナメやがってwwww


まぁいいさ・・・・ 楽になったろ?











ouiukotoeraku.jpg
 
08 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

07 09


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS