6杯砂糖のスカらない話

 

悪党が悪党を糾弾し悪党がそれを庇う


Edit Category KOP
Mr.しもの理屈に道理無しと思う様になった私の感覚は前項で記したが、今回の件をあくまで


客観的に観、更に相手の立場に立って考えれば、それもある程度分かりもする。


当時の我々は勿論のこと、今回の顛末を初めて知ったキンプロユーザーにとって、kobaと言う人間の


仕出かした事は青天の霹靂であろうと思ゆ。まさかそんな事がと。コミュを同じくし、親交のある者からすれば


あの人がそんな事を、と思う者が居ても不思議ではない。そしてそれはMr.しもにとっても同様であったろうと察す。


が、往々にして悪しき事出来せし時はそのようなものである事、皆知っている。


起こった以上は、そしてそれが看過できぬ程の事である以上はそれに対して何らかの対処をせねばならない。


彼奴が所属する集団の長として、また、実社会における彼奴の友人として、Mr.しもは矢面に立った。


望む望まぬに関わらず、この件に巻き込まれたのだ。


正論をぶつけて退かないパチョ、ともすれば暴言混じりで責め立てる私、それのみならず、内情を知らぬ


ほっこりプロレスのメンバーへの説明にも追われただろうし、kobaとの話し合いも含め、一手に引き受ける


羽目となったMr.しもの気苦労、心労察せば、話し合いの終盤において彼の申し分が乱れるのも


分からぬではない。



が、それはそれ、これはこれ、である。



責任を持つ、更生させると言ったからには。辞めさせたが良いという話も拒否し、仲間として


やっていくと断言したからにはそこに責任はあるだろう。そうでないならば最初から庇い立てするべきではない。


更に苦言を重ねれば、我々こそ最もこの件、換言すればkoba等という人物とは関係のない存在である。


面識もなければ親交もない、義理もなければ恩もない。


この件で貴方以上に迷惑被ってるのは当方である、と断言するのに些かの躊躇もない。


突き詰めるならば最大の被害者は奴の陰湿な行為で被害を被った人々だろう。


そしてその陰湿な行為が今(その時点)も尚続いているんですよ、というのを問題にしてるのだこちらは。


kobaの件が公になった際、KOKの運営は窮屈だの、狭量であるだの謂れ無き中傷も受けた。


何故か。


全ては今回書いたような内情を伏せたからである。何故伏せたか、それはMr.しもが責任をもって更生させる


から伏せてくれと言ったからに他ならない。


而して彼がやったことは、情に訴え、最も劣悪な部分の隠蔽をこちらには願い出、しかし自分の方は


まるでkobaが必要以上に糾弾されているが如くに擁護をする。


結果、kobaさん可哀想、と言う雰囲気を作るわけだ。


これでは道理に合わぬと言う話を前回までに記してきた。





更に、その件の後もkobaは前回記したように、当て付けだ、虚言だと愚行を重ねている。


最初の件は諸々慮ってそちらの考えを尊重したが、こうなっては話が別だと伝えたところMr.しもは


「私はこのゲームで誰かが嫌な思いするのは嫌なんですよ」


と返してきた。これはまぁおそらく本心からの言葉だろうと思う。


だがしかし、この状況でこの言葉を言われて、果たして私ならずとも納得する人間は居ようか?


如何にも耳に心地よき言葉ではあるが、そも、その誰かに嫌な思いをさせたのがkobaでは?と、問うと


こういう言葉が返ってきた。


「なら将軍さんとかがブログで誰かを名指しで罵って傷つけるのは良くて、kobaさんのしたことはダメなんですか?」


返答に窮する。窮した所以は、仰せの事御尤も。と言う事ではなく、その支離滅裂な物言いに、である。


オレのは良くてkobaのはダメとか、そういう話ではない。


無論、どちらがより悪しきで、どちらが悪しからずと悪行を比べるわけでもない。


なるほど、Mrしもの言うとおり。確かに何れも悪行であろう。少なくとも善行ではまったく無い。


が、


今、それとこれとはまったく関係がないって話だ


Mr.しもは、その2つが同じだと考えているわけだ。或いは自分のことを棚に上げてkobaさんを責める資格


はないだろうという意味だろうか。


自己弁護するつもりも全く無いので忌憚なく言えば、オレは大きくカテゴリー分けすれば悪人の部類だろう。


そう評価される事多し。とりたてて異論もなし。特に悪人なつもりはないが善人と呼ばれる覚えも無し。


これは自他ともに認めるところ。仰るとおり、自分が気に入らぬことがあれば口汚く誰かを罵ることも少なくないし


それに対して後悔や呵責などは全く感じない。むしろ悪意をぶつけるのは得手であり、好きな方だ。


が、悪人にも色々な悪人がある。殺人犯もいれば、窃盗犯もいるし、強姦犯もいれば、詐欺犯もいる。


心清く、善行を誉れとする読者諸兄、そしてMr.しもからすれば悪人は悪人。悪行は悪行。


一括りなのかもしれないが、悪人とされる立場で言わせてもらえば詐欺犯や痴漢(覗き)犯と一緒にされては


些か面白く無い。
先述したようにどちらの悪行が重いかとかそういう問題ではない。


その言葉を受けて


「ではどうぞブログなりなんなりで、私の人間性、或いは私のブログに対しての批判をしてください。私は一向に構いませんよ。私は確かに罵詈雑言吐き散らしていますし、どうぞ運営に通報でも何でもしてください。ただし、私は隠れてそういうことをしたことは一切ないので、どっちが悪いとかではなく、同じにされたくないですね。それにそんな交換条件みたいに言われてもまったく気分悪いだけですね。今の問題とそれには何の関係もないでしょう」


と言った旨を返答したところ、Mr.しもは、そうではないと言う。争いたいわけではないと。


交換条件とかそういうことではなく、kobaさんに再起の機会を与えるためにも件の事は隠しておきたいのだと。


そう言いつつも事ある毎に、貴方方も悪人じゃないですか、と言った論を繰り返す。


更には「あなた達ファッキンガム宮殿も掲示板荒らしてるじゃないですか」


「貴方達にも言われて困ることがあるでしょう」などと続けて彼は言う。


最早まったく話にならない。


言われて困ることは何1つないのでどうぞ言ってください。と言うと、また件の言葉。


争いたい訳じゃない。誰かが嫌な思いをするのが嫌なんです。どちらが正義とか悪とか無いじゃないですか。


などの言葉を並べ立てる。余程、正悪論や争いが好きなお方のようだ。


私達は一言もそんな話はしていない。


だから、このままkobaを放っておいたらその嫌な思いをする人が増えますよって話してるんです


と伝えても、それに対する明確な指針や返答はなし。この時点で責任をもって更生させるつもりなど無い。


とにもかくにも、「お前らのような人間がkobaさんにモノを言う資格はない」と暗に言ってるわけだ。


では百歩譲ってそうだとする。


だがそれがkobaを野放しにしていい理由になるだろうか?


我々に口出しさせたくなければ、自分の言葉に責任をもって更生させればよいではないか。


そうしていればここまで事も大きくも複雑にもならなかった。


私達が最初から一貫して言ってるのは、現在このようなことが起きている、そしてそれが全く改善されていない


なのでしっかりと対処をしなければ、と言う話だけだ。


どっちが正義だの、なんだのと何を言っているのか・・・


要するに互いに悪党なのだから、隠して穏便に済ませましょうよと言うことだろうが、そうはいかない。


Mr.しもの言う、お前らも悪党ではないかと言う指摘には何ら反論しない。


しない、が、悪党であろうと晴れの日は晴れだという。ライターを見て、ハサミだとは言わない。


彼が決め台詞のように使う、正義だろうが悪だろうが、共通した価値観と言うものは有るのだ。


駄目なものは駄目。






そもそも、このMr.しもと言う人は今回の件に関して庇う事の他に何をやっているのだろう?


これまでの話し合いで、更にkobaがまったく懲りずに愚行を重ねている現状を見て、上記のことが気にかかり


訪ねてみた。


そもそもパチョが書いたことが問題ならば、Mr.しもは今回の件を知ってる人間全員に書かないでくれと


お願いしたんですか?と。kobaの今後に責任を持つと言うなら、少なくともkobaのサブアカウントを聞き出して


同じこと繰り返さないよう把握してますか?と。そう尋ねたところ、


一切していないと返答が返ってきた。


それら一切せず、ただ庇い立てするのが、更生させるから言わないでくれと宣った人間の所業だ。


その後留まらぬ愚行に対して追求しても、一切それらは正さず、こちらの非を鳴らし、情を押し立てて庇うのみ。


申し訳ないが、これ、無責任でなくして何ぞや


他人のふりして誰それに話しかけ、性別を偽り男子禁制の集団に潜り込み。それらすべてkobaの所業である。


それを更生させるというならば、庇うならば、最低限それらの行為を禁じ、少なくともサブアカウントを


抹消させる、そうでないにしても把握し、同様の事起きぬように管理するくらいは当然ではないか。


どこをどう反省して、そしてどこをどう更生させているというのだ。


はっきり言ってまったく信用ができない。




こうなっては話にならないからkoba本人も交えて、数名で話し合いをしようと提案するもそれは却下された。


「そうなるとkobaさんがキンプロ辞めちゃいますよ...」とMrしもは言う。


何故話し合いをすると辞めることになるのか。我々が酷く攻撃すると危惧しているからか。


いずれにせよパチョにしてもオレにしても、本人抜きであれこれやっても仕方ないだろうと。


Mr.しもも間に入ってきつかろうと。本人含めて話しあいましょうと。しかし結局それは通らなかった。


そこから後はパチョの言葉を借りれば開き直ったかのよう。


「はいはい。全てこっちが悪くてパチョさんや将軍さんの言う事は正しいですよ」


こんな感じである。


それは面倒だろうと思う。面目もあるだろうと思う。放り出したくもなる。


だがそれは我々だって同じだ。こんな話はなーんも楽しくなどない。ま、私の場合は性根が捻曲がっているの


でネタとしては最高に面白いがね。


ともかくこの時点で豎子与に謀るに足らず


私はそう判断した。おそらくは相手側もそう判断したのであろう。


互いにこれ以上話し合っても無駄だと思ったわけだ。


だが道理に合わないのは何れか。ただ単にリアルの知り合いだから庇う。最早それだけ。


最も肝要なのは庇うことよりも、更生ではないのか。まずそれを先に立ててこそ、庇うという行為


に対して周囲の理解、納得もあるというものではないのか。


彼は未だ同じようなことやってますけど私の身内なので許してください。そんな理屈は通るまいに。


実際に今の内容ではまったく筋が通ってないし、そう思われても仕方ないじゃないですかと問うたところ


「そうだと思います」と。


なんだそりゃ?


パチョを納得させるにも、せめてその後に重ねた虚言や当て付けなどを詫びさせれば良いと言う言葉にも


一切耳をかさず。


それを言えば、「貴方達だって悪い事してるじゃないですか」と返ってくる。


だからそう思うならどうぞそれはそれで追求してくださいと言ってるだろうに。


ここで最早これ以上話し合いをしても無駄だなと言う結論に成り、話し合いは終わった。


それからしばらくしてほっこりプロレスの解散の話が出たわけだ。


真意は知らん。当然知らん。が、少なくともこの件が関係していると考えるのが普通であろう。


何も知らないほっこりプロレス所属の人はどう思っただろうか。


解散の理由も話されずじまいだったようだ。


面倒になって辞めたのか、或いは責任をとって辞めたのか、或いは最後までkobaを庇って辞めたのか、


もしくはそれらとは全く関係ない理由なのか。伺い知ることは出来ないが、どれであっても


最悪の選択をしたと私は思った。


何に対しても責任を取らずただ逃げただけ。


そればかりか、ほっこりプロレスに愛着を持って所属していた人間に対してこの上ない不義理だ。


少なくともオレはそう思う。


で、あるにも関わらず、当の本人は何食わぬ顔でキンプロに残り、今回のツイッターブロック云々に関しては


あたかも自分が被害者でもあるかのようだ。


最悪の部分、事の本質はひた隠し、その経緯がどうあれ、自らをキンプロに誘ってくれ、カードも渡して


くれるなど公私共に世話になった恩人であるMr.しもまでがキンプロを去ったにもかかわらず、だ。


解散を悲しむほっこりプロレス所属の人間たちによくもぬけぬけと「残念だ」などと言えるものだ。


心優しき彼らは何も知らぬまま「今後もよろしく」と彼奴を許容し付き合いを続けるわけだ。


哀れかな。


こんな恥知らずの下衆野郎は見たことがない。


何?お前がいるじゃないかって?こやつめハハハハ。


その後も幾度も幾度もサブアカウントの名前を変え、キンプロ撤退を示唆しても尚、


ボルテージ稼ぎに勤しんでいる。


更には、だ。


サブアカウントの1つは、実在するキンプラーの名を騙っていたのだ。


そのキンプラーにどんな恨みがあるのかは存ぜぬが。騙られたキンプラーはたまったもんじゃないだろう。


(騙られていたキンプラーは某コミュニティー主催者 KOK関連とはまったく関係がない人物)


キンプロ撤退と言われても誰が信じる?お得意のサブアカウントへカードを移したら多くは分かりもしない。


なんせ初心者のフリ、女のふり、何でもござれの多芸な御仁だ。


2chに書かれたからツイッターをブロック?


ブロックされた人達も臨むところだろうよ。


誰ひとりとして望んでこんな生き物と関わりたいとは思うまい。むしろブロックされて好都合だろう。


恩人が去り、何も知らぬ善良な仲間が宿り木としていたコミュを潰し、それでも尚、恥知らずにも居座る


態度をずっと苦々しく思っていたが、今回のツイッターの件で全て書いておこうと思ったわけだ。


私に書くなと頼んだ本人はキンプロを去った。私達からすれば何1つ責任を果たさずに、だ。


そして、当の本人は今もって尚、くだらんことを重ねている。それが今回書くに至った理由だ。


書いたことに嘘偽りはおろか、誇張も一切ない。幾ばくかの誤謬はあるやも知れぬが記憶する限り


正確に書いた。


関係者で異論がある者は堂々と言えば宜しい。


Mr.しもの好物である正悪論など実にこの件に関して言えばくだらん事ではあるが、その言に従って


話をすれば、私も悪人であろう。それで全く構わない。


悪人は悪人、どっちがより悪いだのそんな話は詮なきことだ。では善良な人はどのように身を処すべきか。


避けれる悪人は避ければいい。善良な諸君は私のような者と関わらなければいいのだ。


が、避けれない悪人にはどう対処すればいい?


善人のふりをして、一般人のふりをして、自分を隠して近付き悪行を行う者にはどう対処したらいい?


行く先に刀を持った盗賊が居るならばその道を通らず迂回すれば良い。


が、木陰に潜んで毒矢を撃つが如き人間を避けるのは難き事。


ならばせめて、そういう危険があると警鐘を鳴らすだけなのである。




キンプロ終焉までの時間、名残を惜しむ多くの善良なプレイヤーが私や彼奴のような悪人と関わり合いに


ならぬよう願うばかりである。(ニヤ)

スポンサーサイト
 
09 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

08 10


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS