6杯砂糖のスカらない話

 

F宮殿PS部 活動予定


Edit Category 未分類
とりあえずドラクエヒーローズ2からハーマン部長を頂点として設立された


calltencho2016113_19384.jpg


ファッキンガム宮殿PS部だけども。


これは良作だった。ドラクエ世代の多い我々に刺さったと言うのもさることながらゲーム自体が良かった。


クロスプレイも可能で、PS4組の部長にオレ、若ちゃん、加えてPS3組のJB、PSVita組のロビーさんに青と。


皆で竜王行ったりなんだりね。割と長く楽しめた作品。


未だにロビーさんが無理してタンバリン叩いて皆を鼓舞(ゲージの上昇率が上がる)するシーンとか


JBが死んでるくせに「バイキルト切れてますよ!」とロビーさんに指図してたの思い出すと笑える。


今から3の発売が楽しみ。(あるか知らないけど)


fqdorabu.jpg


KOF14に関してはこれからもやってきますよ。


格闘ゲーム大好きってのもあるんですけどね、これはオレの使命だと思ってます。


コブラより数年早く生まれたオレの、ね。奴を正しい道に進ませねばならない。


だってほっとくとあの男休日はすぐパチ屋吸い込まれるでしょ?その後は2択ですよ。


負けてくだまくか、勝って風俗行くか。負けると「もうパチスロだめですよ!」とか言うけど舌の根も


乾かないうちにまたパチ屋に吸い込まれる。オレに言わせりゃパチスロなんて店グルで打つもんですよwww


設定判別あった頃は平打でも良かったけどね。


いや別にパチや風俗がダメってわけじゃないけどさ、もうキンプロも終わるわけじゃん?


キンプロでは尊敬を集める偉大な男だけど、君はそれ以外は何もないダメ人間なんだよと。


毎週のようにオレはそうコブラに語ってるわけよ!


だからせめてKOFで英雄になれと!(駄目) 心を鬼にして鍛えたいと思ってるんですよ!!


あとイメージ的にアテナ使えと!!!


まぁ本音はここらにしといて、実際オレもコブラも砂糖兄もSNKブランド大好きなんだよね。


ころされたじょせい


ディアトロフ峠の惨劇は非常に素晴らしい作品だった。


プレイしてる我々だけでなく、視聴してくれたJBやヤッポンもそこそこ楽しめたようで、現在外部解析班


のパチョとJBとヤッポンがそれぞれ結論レポートをまとめてくれてます。


既にJBとパチョのは拝見したけど実に面白い。ヤッポンのが出揃ったらそれらをまとめて運営に送って、


で、何だったの結局?と尋ねてやろうと思ってます。


INSIDEめも1


INSIDEは先日記した通り。


衝撃度で言うと間違いなく今年No1だった。


ま、他にも個人的にはLife is strangeとか洋ゲーも結構攻めた。ベルセルク無双や戦国無双にバイオ。


色々やったけれども、宮殿PS部として次に決定してるのは


uxodo2.jpg


12/1発売のタイトル。


今回はハーマン部長のお勧め作品であるウォッチドッグス2に、ハーマン、私、コブラ、あぐおで挑むと。


あえて前情報は入れずに発売を待つ!ま、だいたいオレは勉学以外何やっても上手いので問題ないでしょう。


おそらくは部長自らの配信があるでしょうと。


が、その前に。


これは個人的に。INSIDEがあまりに衝撃作だったので、その前身となるこのゲーム。


Limbo3-1024x576.jpg


をプレイせねばなるまいと。(既にDL済)


2011年のタイトルで古いんだけどINSIDEと同じ会社が作っていて非常に評価が高いと聞けば


やらざるを得ないだろうと。


操作方法はINSIDEと全く同じらしいので、INSIDEで鍛え上げた成果を存分に発揮出来るというもの。


ま、これは週末にでもまた適当に配信しながらやろうかなと考えています。


これはPS3も確か出来るのでJBにも打診してみようかなwまぁそんな感じだな!
スポンサーサイト

INSIDE感想 武骨すぎてニューゲーム


Edit Category 未分類
週末に配信しながらクリア。


20161117-inside-01.jpg


ふぅ・・・・


まずは感想を簡潔に述べると・・・・


武骨


もうほんとそれ。武骨。その一言に集約される。


なんならもう、戦国や三国時代とか無骨な時代の無骨な漢達をテーマにしたゲームの200倍は軽く武骨。


まさか洋ゲーでこれほどの無骨な逸品に遭遇するとは。


何が武骨かって、クリアしてもさっぱり意味わかんねーとことか() 


もう・・ほんとしゅごぉぉい・・・・ って感想しか出ないところが凄すぎ。


結末や過程の解釈をプレイヤーに委(ゆだ)ねるってのはよくある手法で嫌いじゃないけど、なんぼなんでも


委ねすぎだろとwwwwwこんだけ丸投げされたらいっそすがすがしい。


ストーリーや、エンディングについての説明など一切なし。セリフはもちろん会話も一切皆無。


もちろん音楽もなし!使うのはアナログスティックと○ボタン(掴む)と×ボタン(ジャンプ)だけ。


PS4コントローラーの多機能を真っ向から不要と断ずる武骨者である。


さらにはディアトロフ峠と同じく唐突に訪れる死。


そして何の脈絡もなく劇的に変化する状況。(突然少年が水中で呼吸可能になるなど枚挙に暇がない)


なんで”そう”なったの?等と言う疑問に一切答えない。


いや、答える気がない。こんなゲームも珍しい。


とりあえず解ってたのはこれだけ。


・少年が謎の研究施設に潜入


INSIDEめも1


確かにそうなんだよね。


この少年を動かして、ひたすら横スクロールで進んでいく。


豚と戦い、砲弾の雨をくぐり抜け、殺戮機械から逃れ!全ての水夫が恐れをなして逃げ去っても・・・・


それでも少年は頑張って・・・・


そ~の船を漕いでゆけ!!お前の手で漕いでゆけ!


INSIDEめも水中


ヒントもなにも無い、謎解きをクリアしつつ、ただひたすら進んでいく。理不尽な死に耐え、少年を動かす事


数時間、少年に愛着も湧こうというその刹那・・・・!


少年(私)はよく解らない生き物へと変わっていた。


変わったというよりは、吸収されたと言うべきか。


明日からをso long寄り添うように生きていけるね♪


INSIDEめも3



じゃねーから!!!ONLYYOUどころかいっぱいいる何か(おそらくは元人間)に吸収合併され、


迸る熱いパトスで、少年は誰よりも光を放つ神話になったのだ。神話というか肉塊に。


これ敵に見えるだろ・・・主人公なんだぜ・・・・


オレ配信中固まっちゃったもんな。


は・・・・・・・?ってw


謎の生物。なんだろうこれ。肉人(にくんちゅ)?なんだろうこの気持。


とりあえずこの姿でこれから生きていかないといけないと思うと気が重くなる。


もう誰とも会えない。会えないというか会ってもきっとオレとは分かってもらえないだろう・・・・


洋服買うにもサイズとかデザインの問題を飛び越えて、合う形があるかどうかから探さねばならない。過酷だ。


意味わからないにも程がある。ちんぷんかんぷんだが、こうなってしまったからには、コレを動かして話をすすめる


以外の選択肢はないのだ。歩く度にグチャグチャと音を立て、固まりあった元人間らしきものが「ウァァ・・」とか


呻いている。ジャンプして着地すると手足がもげる。謎の研究施設を逞しく生き抜く少年を描いたゲームは


スタイリッシュ肉塊圧殺崩壊ゲームへと何の脈絡もなく移行したのだ!


書いてて意味不明だがそうなのだ。


INSIDEめも4


そしてやっとの思いで施設を脱出。


でも脱出してもまったく幸せでも何でも無かった。


浜辺らしきところに辿り着き、一切動かなくなった(コントロール不能)と思ったら、その状態で20秒ほど


固まり、その先に何があるのかと思わせといて、唐突に流れるエンドロール。


終わり!?


【ED1】





何がどうでこうなったのか、幸せだったのか不幸せだったのか、いや、生きてるのか死んでるのかすら不明。


こんな男らしさ溢れる武骨ingなゲームがかつてあっただろうか・・・いや、無い。(反語)


まぁどう考えてもグッドエンドじゃないよなと。


ではグッドエンド(もう1つのエンディング)とは、どんなものか。それで全てが明かされるのだろう。


クリアした映像がこちら。


【ED2】





いや、解かんないから!!!


これ、脱出してないよな?なんかを抜いたら電池が抜かれたかのように少年が動かなくなって・・・


そして暗転・・・・とどめの唐突なエンドロール(2回め)


ふざけんなwwwwwwwwww


しかもこれ相当わかりにくいとうもろこし畑の隠し扉をくぐり、なおかつレバーを左左左上上右左右右右上上上右


と動かすことでやっと見れるエンディングだ。それもノーヒントで!


誰が解るんだよそんなのwwww開発側が教えてくれないと一切解らないからそんなの!!!


謎の生命体になってしまったが、施設を出て明るい浜辺で死んだ(?)エンディング。


少年のままでいられたが、暗く狭い場所で動かなくなったエンディング。


どちらが真の・・・・


何もかもが解らない。一切解らない。


無理やり自分なりの解釈をすると、


非人間的な実験を行っていた施設に潜入した少年。実験体となっていたダメ人間(廃人)達の協力もあり


施設は破壊され、復讐を果たした彼らは妙な生き物になって浜辺で死ん・・・・


なんだよそれ!”#$”!


なんで少年は施設に行ったのよ!!!あの廃人はなに!!普通にまともな人間でも少年に協力してくれる


人も居たけど?!なんで少年は途中で水の中で息出来るようになったの!?オプションでエラついたの?!


豚の尻尾についてた寄生虫みたいなのは何だったの!?


INSAIDEめも2


そして最終形態のアレは何?アイアムアヒーロー的な何かなの?


途中で殺した研究施設の責任者みたいなのは?!


【オレ(最終形態)、偉い人を殺める】





つまりね、このゲーム最高!って事ですよ!


道中は主に閃きが重要だ。「これをこうやるんじゃね?」「あれ、違う・・」の繰り返しで進んでいく。


何度も言うが、ノーヒントで。武骨過ぎます。そして楽しすぎる。


ディアトロフ峠に続いてこんな良作に出会うなんて・・・オレのインディーゲームスカウターは最新式だなぁ・・・


実に面白い、素晴らしいゲームだった。あれこれ解らないのをさっぴいてもw


これは是非、皆にもプレイして欲しい、衝撃作であると結んでINSIDEレビューを終了す。


配信中一緒に考えてくれた人達にソ連より愛を込めて。    クリスタルボーイ


おそらく次の一撃が


Edit Category KOP
矜持を示す!!と豪語したはいいが


示せる順位(紙面)には行けず。


誤解の無いよう言っておくと、Jr好き、鈴木軍好きな人がね、それらを使うのは全然いいんですよ。


むしろ先のエントリーでも書いたようにそういう人が報われたのは嬉しく思ってますよ。


それは個人的に納得行かなかった17弾からかわらずにね。そう書いてるはず。


あくまでバランスやユーザーのニーズ考えろよクソ運営!って頭きたわけでね。


むしろ強くなりすぎたが故に横行している現況を嘆いているのは不遇の時代からそれらを愛用していた


彼らだと思うんですよね。かつてヒール全盛の頃からベビー、本隊を使ってきた我が主君、ハーマン卿とか


も12弾あたりから急激に本隊が強くなって同じような思いをされたと思うんですよ。


嬉しい半面・・・って言うね。同じ気持ちのJr使いや鈴木軍使いの人いるんじゃねーかなぁ。


なんでもそうだけど強いものに人気が集中する、比重が傾くのは常であって、それは悪いことじゃないんですよ。


私自身、強いとされているキックデッキを長く愛用したしね。前田信者ってのとは無関係に勝つためにね。


全然悪いことじゃない。悪い事じゃぁないが、かっこ悪い。つまんねーかなと。オレの価値観では、ね。


最後の最後まで、何処向いても同じようなプロレスばっかりじゃ味気ない。


なので結果残して小さいながらも違う波を、と言うと大仰だけどデッキをまたあれこれイジって・・・


みたいなものをね。紙面で示せず此処で示すのは汗顔の至りではあるけれども、あえて記しておきたい。


とりあえず後半に用意したのはこれ。



きょうじでっき12
きょうじでっき2
きょうじでっき3


きょうじでっき13



所謂グレ1捨ての混成デッキだね。


特大チームコンボありで特大なしで挑む。


これはもう3度めになる。スタンダードで1回、タッグで1回、そして今回。


コンセプトはもう察しのとおり。


ちなみにこういうパターンも用意しておいた。


グレ1に土井の代わりにムタ。グレ2にYBの代わりに超獣コンビ。


グレ3に反ボマの代わりに逆襲のレインメーカー。(反ボマがキック支援なしだと安定しないため)


グレ4にデヴィット&AJ、グレ1にオーバーヘッド支援付きのブラサン2連弾。


マスク、グレーテスト(G1とかも)以外は土井ダーツが炸裂すればチームコンボを消せる。


チームコンボさえ消せれば火力で押し切れる。


穴も当然多いけど、爆発力のあるデッキをってことで組んだんだけど。


全成績を。






VS本隊


土井ダーツ 相手のエルガンのユニットをフォーエバーフーリガンズに → 特大消失に成功
        ニックジャクソンがBRAVEに → 鬱

みのる不発


きょうじでっき4


2勝3敗






VS 本隊


土井ダーツ 相手の天山をreDRagonに → 特大消失に成功
        うちの総帥がCMLLに → 微妙な気持ちになる


きょうじでっき5


4勝1敗






VS グレーテスト(ほげさん)


土井ダーツ うちのマットジャクソンがWNCに → WNCとか嫌いな団体だったんですけどwww
        うちの鈴木みのるがレジェンド・ザ・プロレスリングに → まぁオレそもそも特大ないし^^
        うちの土井がアキバプロレスに → アキバプロレスってなんだよ!#$”!
        うちの総帥がSTACK OF ARMSに → いい加減にしろ!!
        うちの丸藤がNO MERCYに → 言いたいことはそれだけか



きょうじでっき6


3勝2敗






VS 鈴木軍(相手の飯塚、鈴木、共に発動)
もちろん飯塚は相手側に支援。


土井ダーツ 相手の杉浦をプロレスリング・ノアに → 特大消失成功
        相手のランス・アーチャーをDRAGONGATEに



きょうじでっき7


4勝1敗






VS 本隊(ながたさん)


土井ダーツ 相手の後藤をユニオーネに → 特大消失成功
        うちのマットがバーニングに → 鬱(うちのYBはやたらNOAH化する)


みのる不発


きょうじでっき8


3勝2敗






VS 本隊


土井ダーツ うちの矢野がオーバージェネレーションに → 遺憾である


きょうじでっき89


2勝3敗






VS 本隊


土井ダーツ 相手の天山をSMOPに → 特大消失成功


きょうじでっき10


3勝2敗






VS 本隊 


土井ダーツ うちの矢野通がBATTに → オマリルガッ(OH MY LITTLE GIRL)


きょうじでっき11


3勝2敗






VS CHAOS


土井ダーツ うちの総帥が超危暴軍になる → ビッシビシきなさい!ビッシビシきなさい!


きょうじでっき134


3勝2敗


きょうじでっき134B



順位はクソみたいなもんだが、前半デッキが162位で終了して、チェンジしてからのこれならば


戦えたと、結論していいと思っている。


自分の感想を言えば、十二分に戦える。戦えた。


特大無しでも特大ありと戦えるのは是迄の経験から解ってたが、再確認した。そして楽しめた。


ここで少し危惧するのが


じゃあ特大無しJrデッキでも戦えるじゃん!
そっちのがこんなヒールデッキよりいいじゃん!



と言う結論になってもらっては本末転倒なんだけどもw





以前、ある王者がこんなことを言ってたんですよ。


上位と同じデッキなのになんで勝てない?


これを聞いて何を感じるかは人それぞれだろうけど。


オレは少なくとも非常に残念に思った。いや、そういうことはあるよ。優勝者とデッキ同じだったけど成績は大きく


違ったとかはオレも経験ある。もちろん偶然同じなだけだったけどね。


同じデッキで勝てるなら苦労無いよな?って。最終デッキが同じでも遠征の載せ方や、細やかなデッキチェンジとか。


もちろん発動率云々色んな要素、過程があっての結果。


それを王者ともあろう人間が知らぬわけでもなかろうに、こんな不甲斐ない発言するとは、と、思ったわけ。


んじゃあんた、強い人のデッキ、結果の出たデッキパクってんだけなの?ってね。


でもそれは裏を返せばそれだけ最近のキンプロが似たデッキで溢れかえってるって事だろうと。


言ったら同じ性能のF1マシン並べて、同じ性能のコンピューターに運転させてさぁどっちが勝つか?


ってな感じ。性能は全く同じなんだからトラブルの無かったほうが、運が良かったほうが勝つと。


そんなF1なら見たくねーんですよ。オレはな。いや、F1なんてプロスト現役時代以降見たことねーけどさw


同じくオレは別にキンプロに運比べしにきてるわけじゃねーからな。だったら丁半博打でもやってたがマシ。


運要素が強いゲームなのは昔からそうだし、運も強さの1つ。だけど最近特に顕著かなと。


まったく同じデッキでも、右へ倣えと、こだわりじゃ全然違う。絶対に違う。それはある意味では、新しいカード


が出ない中、限られたデッキ、いい意味で”いつものデッキ”で優勝したJBが証明したんじゃねーかなって。


あれは”こだわり”ですよ。身内だから言うんじゃないですよ。あれは積み重ねたこだわりの結実ですよ。


オレもそうありたいけども、変な反骨心があるだけで特にこだわりがないんだなぁw





そういうのもふまえて今後は更に自分流で行こうと。考えを強くした。


ま、久しぶりに自分なりの目標持って挑んで結果は偉そうなこと言えるアレじゃねーけど楽しかった。


ほんと久しぶりに楽しかったね。


きょうじでっき99


祖国に栄えあれ!#”!(オレなんもしてないけどもw)

         

そしてオレは這い上がれなかった


Edit Category KOP
序盤でなんとか高順位、つまりは紙面に到達して、紙面上で反骨心溢れるデッキで


矜持を示そうと考えていたのだが、そうは行かず。


100位前後を彷徨う青い弾丸とは誰のことかというと、オレです(照)


なので、流行に背いた切り口を大衆に示すこと能わず。


が、せめて、対戦相手に、何かしら感じさせることが出来れば・・・と本日から反骨デッキにしてます。


終了後に詳細は軽く触れるとして。


20161117-inside-01.jpg


やってます。現実逃避じゃないよ。


最近インディーズ系の洋ゲーばかりやってる。


ディアトロフ峠に続いて、優しく無い。


唐突かつ不条理に死ぬし、ヒントとか皆無だし、武骨すぎんだろ洋ゲーwwwwww


ディアトロフ峠に対する我々なりの答えは現在解析班が鋭意まとめ中。


パチョの考察見たけど、なるほどなと・・・・。ゲーム内容よりは実際の事件について深く調べて書いてる感じで


なかなか説得力あった。それも全員分まとまり次第。


最近はマルチプレイ要素の無いゲームで、如何にして皆で楽しむかに重点を置いて新たな遊び方を


模索中。イデオロギー闘争なんですよ!!(何が

久方ぶりにキンプロにデモンクレイドル(斜)


Edit Category KOP
キンプロについて書くのは久方ぶりだけれども、特に書くようなことも無かったので。


統一戦を軽く振り返ると2種類のデッキを用意して使い分けたが結果としてそれが仇となった。


めもをしるします4235


不甲斐ない成績に終わったが特に思うこと無し。


夏辺りから、厳密に言うと17弾18弾あたりからめっきりキンプロに対する熱意が薄れ、併せて公式に


対する姿勢も極めておざなりになった。


それは統一戦を迎えても変わることなく今日まで過ごしていたが、今回の公式は少し気持ちを変えて。


今一度矜持を示そうかなと。


自分の矜持はと言えば、流行に対するアンチテーゼ、右へ倣えのチンパンにデモンクレイドル。


これしかあるまいと。


現在の流行、最先端、最強候補と換言してもいいのは


raiganookagedetu.jpg  tuyokunattasuzukigun.jpg


Jr鈴木軍といったところか。


長い間劣勢を強いられていたこの2つのユニットが日の目を見たのは喜ばしいと思える。


特に不遇の時代から使い続けていた人が報われたのは素直に喜ばしい。


が、手放しで喜べないのは、結局最後の最後まで全体的なバランスを調整出来なかったなという点。


それ故に上位を見れば何処もかしこもJr、Jr、Jr、Jr.....みたいな事になる。


極論だが、昔あったデッキの組み合わせの妙、デッキ全体のバランス感覚の優劣などで勝敗を競う


場面を見かける機会は稀
になり、何処を見ても同じようなデッキで、発動運に恵まれたほうが勝つ


と言った装いになっているのを感じる。勝つための正解がそこにあるのだから仕方ない。だがしかしと。


もはや、新しいカードの出ることが無いゲームで、終焉までの数ヶ月を”ソレ”で過ごし、運比べで一喜一憂


するのは如何にも不毛で、味気ない。


なので今大会はあえてそれを正解とせず、現行の流れに逆らう形で、違った切り口で結果を出せればなと。


対戦相手に 「そう来たかぁ・・・・!」 と思わせれれば。


そういうデッキを後半用意してある。非常に穴が多く博打要素も高いが、一計をこうじたので


うまく行けばミッドナイトブレス!!!


demiyose.jpg



まぁ矜持を示すにもある程度の順位に居なければ意味がない。それも後半に。


これが今の私にとっては非常に困難な訳だが、洋館と雪山で培ったハングリー精神でなんとかやれたら。


今更新規も望めない現状ではあるが、一部の同胞に、こういう戦い方も出来るよ、って部分を示せればなぁ


と思っているが如何なものか。


とか言いつつメタスラ配信日だったり、もうすぐサムスピだったりで結局気移りしそうな気もしなくも


ないような。


でもなぁ・・・でも・・でも・・・と言いつつデモンクレイドル!油断にぶちこむ斜めデモンクレイドル(意味深)


と言う感じで久方ぶりにささやかな指針と目標を持って公式に挑んでいますと。


ああ、そうそう。


めもをしるします4235A


やっぱJrは軽いね。


王者?プッwwwwwwwww






ディアトロフ峠 解析中....


Edit Category 未分類
とりあえずゲームクリアして、ゲーム内でかき集めた情報(メモ等)を提示して解析班に丸投げした結果。


JBnokousa2


優秀すぎやろ・・・・・


嘘みたいだろ・・・彼ら(JB、やっぽん、パチョ)・・・このゲームやってないんだぜ・・・・


オレこの紙欲しくてたまらんわ。こういうの好き。


何故男は偽名を名乗っていたのか。正体は?


事件で死亡した9名の男女は件の如し。


めもをしるします4234


前述した通り、10名の大学生がスノー・トレッキングを計画し、実際に雪山へ赴いた9名が全滅した、当事件。
(1名は事前に体調不良で登山せず)


9名の殆どがごく一般的な大学生だったが、1人、異彩を放つ男がいる。


髪型だけで言えば、写真上段右から二番目のアレクサンドル・セルゲーエヴィチも中々に異彩を放っているが


彼のことではない。しかし片側を思い切り刈り上げ(天然?)、その上にベッタリと整髪料で固めたような髪を


乗っけるのが当時のソ連の流行なんだろうか。難易度の高いヘアースタイルである。モスクワスタイル?


さて。髪型から一旦離れて、1人の異質な人物の話に移る。写真下段、左から二番目の男だ。


Zolotaryov100.jpg セミョーン・アレクサンドロヴィチ


当然ながら大学生のグループなのでメンバーの殆どが20台前半。その中で1人、37歳なのがこの男。


37歳で大学行くな!などと言うつもりは毛頭ないが、この時点で異質と言えば異質。


さらにこの男は事件後の調べで、仲間に名乗っていた名前が偽名だった事が発覚している。


仲間内には”アレキサンダー”或いは”サシャ”と呼ばせていたらしいがそのどちらもが偽名で、なおかつ


セミョーンと言う名すら本名ではない可能性もあると言う。君の名は・・・・・(言っちゃった)


ロシア語、ポーランド語、ウクライナ語、ドイツ語を話せる男だった。更に仲間に隠してカメラを持ち込んでいた。


登山経験の無い私には解らないが、登山にカメラを持っていくのはごく普通ではないのか?


仲間に隠して、と言う事は・・・・彼は何を撮るつもりだったのか。撮っていたのか。(ネガ消失で確認不可能らしい)


余談だが彼らがどういう装備(所持品)でスノートレッキングへ挑んだのかは、体調不良で直前に不参加となった


Yudin100.jpg ユーリー・エフィモヴィチ


により詳細が話された。上記9名と比較すると髪型もまともだ。


いずれにせよ彼(セミョーン)は正体不明で、ソ連軍部関係者だとか、他国のスパイだとか様々な憶測がなされた。


F宮殿緊急対策本部、JBは、レーダー室の写真の人物=セミョーンではないか?と大胆な予想をしている


かおのれーだーしつ


言われてみれば・・・・似てなくもない気がしないでもないこともないけども、そもそもセミョーンのヒゲ自体が


限りなく胡散臭いと言うか付け髭に見えるのは、私の周囲にああいうヒゲの人物が居ないからだろうか。


また、セミョーンの死亡状況は体中に骨折があり、眼球をくり抜かれていた。


いわゆる拷問の跡のようだと形容される死に方をしていた。


そして類似した(拷問を受けたかのような)死に方をしていたのがもう1人。


Lyuda100a.jpg リュドミラ・アレクサンドロヴナ・ドゥビニナ


彼女も全身に及ぶ骨折と、セミョーン同様に眼球がくり抜かれていた。さらに彼女は舌が根本から消失しており


解剖の結果、胃の中の残留血液から、舌は生きた状態で抜かれているということが判明した。


そして衣服からは放射能が検出されている。


この二人の異様な死に様が当事件の謎を深めていると同時に、拷問説や、軍の実験説が生まれる起因である。


セミョーンが某国のスパイ、或いは母国(ソ連)の裏切り者であり、その抹殺、粛清に巻き込まれる形で


他の人間も命を落とした、と言う説もあるようだが、この説には疑問が残る。


いや、全ての説に疑問が残るからこそ、2016年現在をもって未解決な事件なわけだが。


仮に一部の主張通り、セミョーンらが何らかの組織から拷問を受けていたとして。


拷問経験が(した事もされた事も)薄い、いわば拷問アマチュアの私の見解だが、拷問の目的を考えるに


一般的に考えると拷問は古来から「何かを供述させる」為に行われるのが自然ではなかろうか。


舌を抜いてしまっては供述も出来ないではないか。


ま、舌を抜かれているのはリュドミラ嬢であり、彼女はセミョーンのとばっちりを受けて拷問されただけと


言う線も大いにあるが。


映画や小説の見すぎとの誹りを覚悟で言えば、もしセミョーンから聞き出すべき情報、或いは隠蔽すべき情報が


あったとして、まともな人間なら(拷問する人間がまともかどうかはおいといて)何処かへ連れ去り、


秘密裏に行うものではないのだろうか。ましてや軍部が関わっているならば尚更だ。


まさかその場(雪山)で拷問し、そのまま証拠(死体)を残して終わり、なんてことがあるのだろうか。


オカルトクロニクルさんから拝借した事件現場の再現図を見ると確かにセミョーンと彼女の死亡場所は近い。


siboubasyo.jpg


諸々考えると拷問があったと仮定しても、それを行ったのはまともな組織や人物ではなく、換言すれば


何かを聞き出したかった、隠蔽したかったなどと言う明確な目的の元行われたものではなく、いわゆる狂人の


手による狂行なのでは?
と考えたほうが自然な気もするのである。


その狂人こそが


めもをしるします34


つまりは主人公ではないだろうか。としても何故放射能が?とか疑問は残るわけだが・・・・


この脱走した狂人ってのは


あいするゔぃえら
aisuruviera2.jpg


この手紙を記した人物であり


aisuruviera3.jpg


この犯罪を犯した人物であろうことは間違いない。


そして彼は、殺害した女性の写真を、自身の逃亡潜伏先であるディアトロフ峠の洞窟内で


ころされたじょせい


していると。狂人と化した彼は偶然スノートレッキングにやってきた9名の学生を・・・


アレ・・・?でも殺されたのは妻ではなくて妹・・・?しかもこれだと37歳ヒゲ男は何も関係がない・・・?


私には目がなかった


十数年後に妻が死んでいることを聞かされた(博士に)


結局この扉は入れないの?


hairene-no.jpg


とか考えながら勤労感謝の日を過ごしている自分すこwwwwwwww





















ホラート ~ディアトロフ峠の惨劇~(Kholat) トゥルーエンディング


Edit Category 未分類



このエンディングと収集したメモを繋ぎ合わせて・・・

ホラート ~ディアトロフ峠の惨劇~(Kholat) 記事の全容(原文ママ)


Edit Category 未分類
【記事 全ページ】


当時の新聞等の記事中心。
気になる箇所が何箇所かある。





めもをしるします30



めもをしるします31
めもをしるします32



めもをしるします33




めもをしるします34



めもをしるします35
めもをしるします36



めもをしるします37
めもをしるします38



めもをしるします39
めもをしるします40



めもをしるします41



めもをしるします42





おそらく、と言うか記述から見て間違いなく


めもをしるします41


この記事にある女性は、雪山の洞窟内にある


ころされたじょせい


であろうと思われる。写真を遺影に見立てて周囲にはろうそくが散りばめられており、洞窟内には


女性のすすり泣きが木霊しているあの場所だ。


更に報告書の項で記したこの手紙のようなもの。


めもをしるします8
めもをしるします9


妹のところを訪れた・・・アントン。殺されたのは妹?


ヴィダリは入院中・・・アントン・・・・わからん


以上が私が入手した全メモ。


あとは解析班頼む!














ホラート ~ディアトロフ峠の惨劇~(Kholat) 報告書の全容(原文ママ)


Edit Category 未分類
【報告書 全ページ】





めもをしるします20



めもをしるします21



めもをしるします22



めもをしるします23



めもをしるします24



めもをしるします25



めもをしるします26
めもをしるします27



めもをしるします28



めもをしるします29



おそらくはソ連政府側の報告書?


当時諸々の超常現象的要素を公には否定しながらもそれについての調査、実験をしていた事を


伺わせる内容。此処にもアントンの名が出る。








ホラート ~ディアトロフ峠の惨劇~(Kholat) 日記の全容(原文ママ)


Edit Category 未分類
【日記 全ページ】

Zina100_min.jpg ジナイダ・アレクセーエヴナ・コルモゴロワ 愛称ジーナ

が遺した日記。死亡したメンバーの1人、ドロシェンコの元彼女であり、事件当時はメンバーのリーダーである

ディアトロフに求愛されていたらしい。

日記の内容はごく一般的な学生の如き、冒険に対する気持ちの高揚から始まり、現地での出来事が綴られ、

最終的には仲間の死を見、自らの死を悟ったような恐怖の内容へと変わっていく。





めもをしるします12

峠到着前。何処か最寄りのホテルで一泊したような記述が見受けられる。


めもをしるします13

現地(まだ峠ではない?)に到着した模様。

原住民であるマンシ族との接触、現地の学校で講演(?)したことなどと共に、今回の遠征に関する

不安も綴ってある。

220px-IstSib008_1.jpg
マンシ族に関してはWIKI参照 → マンシ人



めもをしるします14


めもをしるします15



めもをしるします16



めもをしるします17


正体不明の発光体の報告が事件直後に地元民やマンシ族から上がったが、当時のソ連政府はそれらを無視し

追求捜査をしようとした現地の捜査官はソ連政府により更迭されている。彼女の日記にも発光体についての

記述がある。雪崩説や仲間割れ説等に加えてUMA説があるのはここらの証言や記述から。



めもをしるします18



めもをしるします19


ジーナによるまともな(?)筆記は此処まで。

オレンジ色の光が浮遊していたと言う証言は当時の現地の人からも多数あり。それに対し、捜査局はミサイル実験

のミサイルであると説明するも、空中で停止したり、急激に軌道を変える”それ”がミサイルであるはずがないと

現地の人の不信をかう。


memonofukakai.jpg


前項の捜査官(?)が「暗闇の中で記したような解読不能なメモ」がおそらくこれ。

ジーナが最後に書き遺した物と思われる。









 
11 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

10 12


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS