6杯砂糖のスカらない話

 

12弾ピックアップ KUSHIDA ①


Edit Category KOP
12弾、いや、新コンボの実装で最も様子を変えたのがG2戦線だと思っている。

74969670_th.jpg 74969676_th.jpg BCデッキはもちろん、ヒールデッキのG2を支えてきたヤングバックス

チートスキルの搭載で誰が使っても1発を狙えた 81919550_th.jpg 81919547_th.jpg テンコジ

65402825_th.jpg 63839757_th.jpg 安定した強さのCHAOSコンビ68513320_th.jpg 68513321_th.jpg

それらに引けをとらないポテンシャルのあったKES

彼らは弱体化したのか?と問われると答えは否。

G2戦線を見渡した場合、既存の主流だったこの4チームは相も変わらぬ強さである。

が、しかし。

彼らの強さは変わらぬまでも、新たな選手の台頭や、新たな環境が彼らの独走を許さなかった。

まずは強力なチームコンボの存在。

今回実装された、デッキを同一ユニットで統一することで発生する新コンボ。

これを駆使することを前提で話すと、ヤングバックス、テンコジ、は今までと同じ強さを発揮することは出来ない。

なにゆえか。

ヤングバックスに関してはなんといっても 63840552_th.jpg の支援を受けれないというのがでかい。

「鈴木なくてもヤングバックスは強いよ」とか言う奴はまだヤングバックスを知らない・・・!

いや、強いよ。強いんだけどな。でも鈴木あり、と無し、じゃ大きく違うんだ。

新コンボ下(鈴木無し)でのヤングバックスはかつてほどの安定感はない。

更には、ヤングバックスキラーとして 85546490_th.jpg 85546507_th.jpg フォーエバーフーリガンズが実装。

ヤングバックスにとって向かい風であるのは間違いないのだ。

そしてテンコジだが、一番の問題は新コンボ条件に該当しないという点。

ヒールなので本隊にも入れれず、かといってTEAM2000では新コンボも発動しない(選手も足りない)

スキル自体の爆発力は相も変わらずなので使うことでG2を獲る事は可能だが、その場合、他の試合で

苦戦を強いられる事が予想される。ざまぁみやがれwwwwwwwwwwwなぁコジ?オッケーwwwww

KESに関しては、鈴木軍で統一する場合、選手層の理由からG4で使わざるを得ないだろう。

無理やりG2で使ってもいいが、その場合、鈴木軍でデッキを組むと大幅に各選手をグレードずらしすることを

強いられるのだ。必然、KESをG2で見かけることは少なくなるだろう。(あくまで新コンボ下の話)

唯一新コンボで更に強力になるのがCHAOSコンビである。

どういうことか。

元々パラメーターの伸びの悪い中邑を新コンボで補えるのは大きい。しかしながらCHAOSで統一した場合

中邑をどのグレードで使うか?が1つの鍵になるので安易にG2で使っておけばいいと言うわけでもない。

なんか色々書いたがまとめるとこういうことである。

4チーム共、弱体化はしていないが使い方に一考を要す。

今までのようにとりあえずG2においとけ、では安定した勝利は得られないという事。

そしてその既存の強タッグに割って入るのが 85546466_th.jpg の支援を擁す本隊である。

KUSHIDA、内藤という高レアリティー、高パラメーター、グッドスキルの選手がG2戦線に投入された

本隊。なおかつ選手層は厚いので、これまでの選手からもパートナーを選べる。

中でも今回は 85546451.jpg にスポットを当てて話を進めていきたい。

KUSHIDAのパートナーに相応しいのは誰か!?

と、題して、自分が組んだ選手を軸に考察をしていく。

が、とりあえず今回はここまでにして、次回続きを書いていこうと思う。

別にKUSHIDA好きではないけどな。カマーンwwww




















スポンサーサイト

Newer Entry12弾ピックアップ KUSHIDA②

Older Entry統一デッキ考察

Comments



 
09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08 10


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS