6杯砂糖のスカらない話

 

試合解説 第2試合


Edit Category KOP
前回のエントリーの続きでグレード2から順に記していく。


【第2試合】

岡本記者

85546475_th.jpg85546605_th.jpg85546468_th.jpg85546594_th.jpg

EVIL917

74969707_th.jpg74969731_th.jpg74969676_th.jpg74969734_th.jpg

鈴木軍VSヤングバックスという形になったグレード2だが、ここはカードのポテンシャルの差が出たとういうだけ

の事で特に戦略的にどうとかいう話はない。

タイチ、デスペラード組も強いのだが、やはりヤングバックスの前では1段落ちるか。

第2試合

モアバンクフォーユアバックがズバリで私の陣営が1勝取り返す。

あえて特筆すべき事柄はヤングバックスのレスラーカードについて。

RRである 74969670_th.jpg74969676_th.jpg の組み合わせではなく、あえてコモンの 74969707_th.jpg

を混ぜている点について少々記しておく。

RRのニックは並み居るRRRを差し置いてトップクラスのパラメーターである。

が、しかしコモンのニックの方が通常攻撃時のゲージの伸びが良いのに加え、RRには無い、

ハイフライヤーズも付与
出来る。そういう意味でニックの方をあえてコモンにしている。

RR同士でも強いがCとRRでもまたひと味違う強さを発揮するのがヤングバックスの強み。

コストカットを考える場合でもこの組み合わせは優秀といえる。(RRニック 2 Cニック1)

nisiai結果



【第3試合】

1勝1敗で迎えたグレード3だが、第1試合で、両者のデッキに”オカダカズチカ”が存在するはず、という

予想を書いたのだが、ここで片方のオカダが登場することとなった。

岡本記者

81919545_th.jpg81919607_th.jpg

EVIL917

71879919_th.jpg71879994_th.jpg

オカダと言う1つの切り札を抜いてきたのは岡本記者。グレード3にオカダを配置。

対するオレはこちらもグレード3最強候補の1枚である豚を投入。

二人がそれぞれ、勝てる確率の高いカードを投入していることから分かる通り。

岡本記者、私、共にこのグレード3での1勝を星勘定に入れているということ。

全体で勝利するには3勝を要す訳で、その内の1勝を二人共にこのグレード3に託していると予想できる。

思い起こして欲しいのはグレード1の2つのオカダ支援カード

私、岡本記者が共にグレード1で投入している 65402832_th.jpg 68513343_th.jpg の2枚である。

68513343_th.jpg がレインメーカーの発動率を上昇させるのは前述した通り。

そして 65402832_th.jpg はオカダのテクニックを☆☆☆させるという実に強力な支援効果を持つ。

外道支援のついたオカダには多くの場面で負けを覚悟しなければならない。

の、だがしかし。

外道のスキル発動条件は、相手に連携5以下の選手がいること

第1試合の双方の選手は 85546501_th.jpg65402832_th.jpg74969668_th.jpg だった。

これは実は全員連携5持ち。つまり外道の支援スキルは未発動。

則ち、お互いにお互いの外道を封じている状態だったのである。

これが勝敗を分けた。

第三しあい

ツームストンのみの支援のオカダであれば勝機は十分。

豚がグレード3最強のパラメーターを発揮し勝利。

オカダと互角以上に闘うには外道を封じること。これが大前提となる。

期せずして両者が共に外道を封じていた。

故にグレード3の試合を獲る事が出来たと言えるわけだが、これは同時に、この後にセットしている

自分自身のオカダの苦戦をも意味することとなった。

nisiai結果2





ここで12弾R外道と 85546498_th.jpg 5弾RR外道 65402832_th.jpg の違いについて少し書いておく。

2枚共に、オカダに対する支援効果を持つカードだがその違いはどのようなものか。

65402832_th.jpg

メリット

外道自体のパラメーターが高い

スキル発動でこの試合の後の全てのオカダに支援効果を発揮する

自分自身の能力も上昇させる

デメリット

重い(コスト5)

連携5の選手で固められるとスキルが封じられてしまう


85546498_th.jpg

メリット

スキルを封じられることがない

軽い(コスト2)

邪道と組むとベストタッグが付与される。さらに連携UP

デメリット

パラメーターが低い

メインのオカダのみしか支援出来ない

自身への強化がない


と、実は似て非なるカードなのである。

こうなるとまるっきりの結果論にはなるが、オレの場合はどうせ第1試合を落とす結果であったならば

12弾外道を使い、メインをきっちり強化するのが正解であったと言える。

どこかのグレードを完全に捨て試合(支援に専念)と割り切るのもケースバイケースでは必要だな。


スポンサーサイト

Newer Entry試合解説 第4~メイン

Older Entry試合解説 第1試合

Comments



 
05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04 06


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS