6杯砂糖のスカらない話

 

統一戦振り返り 2


Edit Category KOP
前回は序盤で投入したバランス型に関して記述したので、今回は中盤から後半を支えた


不敗型とオレが位置づけたものに関してデッキを解剖していく所存。


不敗=絶対に負けないと言う意味合いではなく、以前書いたように3-2の可能性を高めたもの。


負けても2-3で留められる安定したデッキ、と言うコンセプトで構築してある。


と、なれば当然起用のタイミングはある程度バランス型で勝ち星を積み重ねて、紙面に登った時。


紙面に居座りつつ負けぬ戦いをすれば優勝も見えるだろうと。そう決めて紙面3戦目から投入。


実際はやはり数度手痛い敗北を喫しているので、オレの考える不敗型にはまだ遠く、更なる研鑽が必要なんだが


それでも初日で紙面に登ってから最終日まで、ひたすらに紙面に居座れたというのは戦略としてあながち間違い


では無かったのだろうと思っている。



fuha-nn.jpg
fuha-nn2.jpg
fuha-nn3.jpg


これが基本形。所謂ムタみのるキックデッキ。


グレード1に関してまず少々紐解いていきたい。Mr.G1が多く使われるであろう現状における、10弾オカダの


有用性
は前エントリーで説明済み。肝はキックの千手観音の条件をみたすための5枚のキックをどこで使うか。


前田・フライングニール 蝶野・ケンカキックはすんなりと。となるとあと3枚のキックなわけだが候補としては


メイン橋本に重爆キック


fuha-nn5.jpg


悪い選択肢ではなく、実際にDDTと然程差がないという意見も周囲からは聞こえていたのだが


個人的にはあまり好きではない形。DDTかキックかで言えば火力の差よりも垂直落下の発動率に


対する安定感が違ってくるからだ。故に基本形とした上記のデッキでは使用していない。


川田にジャンピングハイ


fuha-nn6.jpg


これも極力避けたかった選択肢。相手に応じて2度ほどは使ったが。


避けたかった理由は前回エントリーで記した通り。棚橋、そして条件次第で反ボマという最高に相性の悪い


2枚の存在があるため。更に川田対決という運頼みな対決を避けるため。


ブロディーにキングコングキック


fuha-nn9.jpg


最も避けたかった選択肢。まったく信用ならない。キックデッキにありがちな組み合わせだがオレは避けた。


とは言え、どうしても使わざるを得なくなるケースを想定し、ブロディーだけは念入りに遠征7を貯めていた。


最終戦含む2試合のみ使用。


と、この3つの選択肢を避けるとなるとどうなるのか。


fuha-nn10.jpg fuha-nn11.jpg


と、なるんだなぁ。


グレード4のみのるにドロップキックは砂糖兄やロビーさんの失笑をかったがw


元々グレード4の勝利に然程期待していなかったのでみのるにドロップキックつけて千手観音の条件満たし


つつ、その分ブロディー+キックなどを回避して他のグレードの勝率を高めようと。


みのるに例えば逆落しをブーストさせた場合。グレード2にブロディー+キングコングキックとなる。


となると勝ちがおぼつかないグレードが2つとなってしまう。


どっちに転ぶか分からない不安定なグレードを2つ作るよりは片方の勝機を薄めてでも強いグレードを1つ


作っておこう。
これが基本形のコンセプトだった。


しかし侮るなかれ!!このドロップキックで3回勝利してるから!!!ファイナルキックと名付けよう。


そして個人的に拘ったのは此処。


オカダのキックの選択。選択肢としてはこの二種類がある。


fuha-nn7.jpg


fuha-nn8.jpg


10弾コモンオカダに付ける分には☆の数は大差ない。最大で+☆☆☆☆と見て良い。


ただしオレ的にはコーナードロップキックと言う選択肢は全く無し。


理由は言わずもがななのだが。前田の千手観音がブーストに及ぼす☆は本人条件部分。


ならば全体の星が同じであっても、本人部分が高確率であるPRドロップキック一択。


細かい部分ではあるけどもそこらの吟味から構築は始める。


とは言え。


fuha-nn12.jpg


このグレード1、まったく強くないんだなぁ。キック同士だと大体似たり寄ったりになるので勝ったり負けたり


なんだが、そうでないデッキと当たった場合、まぁ勝てない勝てない。無論そこらも見越しての3-2狙いデッキな


訳なんだけど。だけど勝てればもっと素晴らしい。そうだよな?って事で、どう考えても不利な相手の場合


fuha-nn4.jpg


オカダに代わって中邑先輩の出番と。


オカダで安定感を求めてもどうせ敗北濃厚。ならば一発に賭けて中邑を投入しようと。


fuha-nn14.jpg


低確率ONLYながらフル発動すれば☆×10のジャンピングカラテキックは強烈。


炸裂しさえすれば・・・・。みのるのスキル効果で発動の期待値が上がってるからこその選択なのは言うまでもない。


fuha-nn13.jpg


勝っちゃったりするんだなぁ。


全部理詰めではつまらないのでこういう賭けに出るのも面白い。


あとは対戦相手のグレード3によっては、グレード3に配置している棚橋をグレード1に戻したり。


fuha-nn15.jpg


もう一度言う。


キックデッキのグレード1は似通っている。似通っているからこそ1枚変えるだけで勝機はグンと上がる。


棚橋の有無は戦局に多大な影響がある。状況によってグレ1を変更するのが1つのキーかなと。


これも顕著な例。


相手のグレード1にK.E.S.が居る。


この場合もかなり基本形だと不利を強いられるので、選手変更。


fuha-nn17.jpg


K.E.S.はベストタッグ搭載。ベストタッグは試合開始と同時に発動する。


となると、必然的に100%14弾中邑のレスラースキル条件を満たす。


fuha-nn16.jpg


ただし、この選択をした場合。中邑にフロントネックを付けているので必然メインの橋本がDDTから


重爆キックへの変更を余儀なくされる。これも相手のメインを見ながら同時にグレード1を調整することになる。


と、まぁ微々たる変更を加えながらキックデッキで戦っていました。


大幅に変更し過ぎると全体のバランスが崩れるし、まるで変えぬでは無策に過ぎる。


難しいところなんだけど。もちろんうまくいくこともあればダメな場合もあるけども、それは次の糧にすればよし。


dousienngunnsuisann3.jpg


と言った感じで基本軸2つのデッキに相手によって微調整を加えながら14戦を終了。


あながち間違いではなかった、とは思うものの、結局のところ6位なので正解と言うには程遠く、


さりとて不正解と言うには惜しいといった所か。居座るための策に加えて、そこで更に勝ち星を重ねる策。


そこらを今後練り込む必要性があるということ。


無論1人でたどり着いた訳じゃねーからね。やっぱり師父である砂糖兄や、ロビーさんクニやん始め


今回は敵対である龍毛さんとかね。多くの仲間と情報交換したり協力して1つの戦略、デッキを組み上げる訳。


そしてカードはクニやんに探してもらうと。クニやんに感謝クニやんに感謝!


Q・仲間居ない僕はどうしたら良いですか?


A・仲間作ればいいじゃん。このコミュ症。


そんな感じで今回のデッキの振り返りを終了とす。


え?特化型はどうしたって?


今回使わなかった。使う場面がなかった。気が向かなかった。SEXしたい。


以上!!!
スポンサーサイト

Newer Entryお?!

Older Entry統一戦振り返り 1

Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
Re: タイトルなし 
オレにしても今になって初めて知るってことは少なくないし

お互いなにか気づけば情報共有しあっていきましょう!
 


 
03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

02 03


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS