6杯砂糖のスカらない話

 

第三次 ほっこりプロレス VS ファッキンガム宮殿 後編


Edit Category KOP
ちなみに公式リーグPt1参加中。
チンパンデッキで大絶賛放置中。



序盤から中盤、5戦を経て、結果は件の如し。


高度すぎた7


これは正直に言えば、想定外もいいとこ。


最早序盤で大勢は決し、終盤にかけては唯の落ち武者狩りとなるであろうと。


対抗戦自体は楽しみつつも勝敗に関しては、ごく当然のごとくに我らの圧勝と、そう考えていた。


まさかの劣勢で折り返しを迎えるとは夢にも思わじ。


総帥、パチョ、オレ、若井さん、やっぽんを投入して尚、この有様は慮外の事と言うより他に無し。


されど、と。


虚勢でも何でもなく、我ら宮殿を沈めるにはここからが地獄よ。


ここまでは今までも出来たコミュはあった。ここまでは、ね・・・・。


kawasujyutuB.jpg


普通のコミュ相手であればどこかに穴はある。ここを乗り切れば・・・!と言うポイントが存在する。


だが、我々にはそれは無いと思っていただこう!!#”!


倒しても倒しても大将クラスを次々と戦場に送り込めるのが我らが強み。宮殿戦は全てが山場と心得るべし。


しかも、宮殿不利となれば、挽回すべく更に強さをました猛者が続き戦況をひっくり返すのが宮殿流。










【第六戦】


まさかの逆転劇で沸き立っているであろう敵陣営。


そうなれば、ここで一気呵成にエースクラスを投入し、更なる勝ちを積み重ねたくなるのは自然。


つまり、ほっこり側の6人目は、ほっこりプロレスの中でもかなりの上位が来ると考えて相違なし。


そこを叩く!


ここでスパイビーさんの作った流れに乗じて更に勝ちを重ねるならば、おそらく相手が出してくるのは、


聖Vヤマトかギジェ・ロヨラあたりで間違いなし。何れもほっこりプロレスの中では無類の本隊使い。


しかも公式の成績順とあれば、ヤマトを先出しして、ギジェ君を温存すると考えるのが妥当。


この読みが当たった時点で詰みよ。


e-suhayameno.jpg


案の定といったところか。下策よのうwwwwwオレには敵の戦略が煤けて見えるわ!!


で、あればそれを崩すのは雑作も無き事。それ以上の本隊使いを出せば良い。


昨夜の時点で既にその戦略、見切っておったわ!


kawasujyutuBC.jpg


宣言通りの戦働き。流石は宮殿のエース!


お互い切り札を切ったなら、この後も互角・・・・?


甘い!!!!我らの残存勢力に誰が居るのか知っていればそのような甘い認識は出まい。


ほっこりプロレスの不安要素はずばり・・・・


sennsyusouusui.jpg


我らは残る手駒も全て王将クラス。ほっこりプロレスは如何かな?ここまででかなりの手札を切ってしまった


のではないかね?一人でも歩クラスを出した時点で君らの敗北は必至。ま、そうせざるをえんだろうがね。


さぁ、宮殿が宮殿たる所以、
ここからとくと味わってもらいますよ!!!










【七戦目】


さて、七戦目ですが、此処を読むのも私にとっては然程難しきことではありません。


敵に思わぬ伏兵があれば変わってきますが、残存勢力で尚且つ公式戦の上位をと考えると


最近加入した、猿助、そして先程温存するであろうと読んだギジェ、そしてノリ、あとは神宮寺皇雅あたり。


と、なればここは猿助か神宮寺皇雅あたりの投入でしょう。


勝利を期したはずのヤマトで敗北し、此処は獲って挽回したいはず。


が、しかし、ここでギジェ君を投入しては、その後の戦いがきつい。巻き返しの秘策は残しておきたいと


考えるのが大凡の将の考えでしょうなぁ。ノリは今回の楽しみの1つ、ある意味主役の1人ですから、


ここでは出してこないでしょう。


kawasujyutuBC3.jpg


そうなれば敵側が出せる駒は自ずと限られてくる。


新参でありながら、実力者である猿助氏か、同じく神宮寺皇雅氏と考えるのが妥当。


なんとか勝ってくれれば・・・最悪でも2-3で・・・などと淡い期待を抱いてね。


で、あればここはこちらは最強クラスを投入し、確実な勝利を得るべき場面。而してそれが能う将とは。


それ即ち、ハーマン卿也。


敵を知り己を知れば百戦危うからず、戦の采配とはこのように行うのです。


敵の陣容を想定できればあとは私の描いた棋譜通りに諸将を配置するのみ。


kawasujyutuBC30000.jpg


我らがWall of Asiaを名乗る理由。お分かりいただけたかな?


kawasujyutuBC300001.jpg


御明算かな?ふはははwwww


って、負けてるとな!?( ゚д゚ )


読みに読みを重ねた棋譜が・・なんと・・・・・やはり戦は何が起こるか分からぬものということか・・・・


あ、Mr.しもの懸念である、うちのサブアカのスパイですが。これは明言しておきます。居ません。


私達の仕掛けた無数の諜報戦で疑心暗鬼に駆られるのは無理なきこと。


しかし、それをやっちゃ、興が削がれますからね。


ここに来てほっこり側が2点リード!





【第八戦】


七戦を経てまさかの苦境とは・・・・心外!!クリボー心外!!!


かくなる上は残る3将に全てを託すのみ。


kawasujyutuBC3000012.jpg


八戦目の相手は、ギジェか・・・ノリか・・・・!?この何れかであろうと考える。


理由は、まずギジェ君に関しては確かにほっこり側の切り札であろう。が、しかし、この合戦で


大将を務めるか?と問われると甚だ疑問。ほっこりプロレスの歴史の中で見れば、ギジェ君は新参。


勝敗よりも絵を重んじるMr.しもが彼を大将に据えるとは考え難し。


そしてノリ。今回、改名を賭けて舞台には立っている。が、大将として締めに出てくるかと言われると


これも疑問。と、なれば必然、この八戦目でこの両名の何れかが出てくる公算は極めて高い。


突き詰めれば八戦目を落としたとしても挽回するだけの最強の手駒、ギジェ君を大将戦前に配置するのが


正しかろうと。で、あれば・・・八戦目の敵は・・・ノリか。


しかし、六戦目を思い返せば、僅かに勝った時にリードを重ねようとするのがMr.しもの采配癖。


と、なればここでギジェ君か?難しいところだが、まずはこの両名の何れかであろう。


しかし、これを受けて宮殿の宿老が起つ。


kawasujyutuBC3000012B.jpg


情報戦に重きをおく昨今の戦にあって、敵が誰かなど問題でないと。敵の陣容(デッキ)など考慮するに


値せんと。歴戦の古老が宮殿の危急の折に満を持して出陣を志願。


あおぶどうたつい


よう言うた!!!


宜しい、ならば青武道だ。


老いて益々盛ん!!比類なき闘志である!!頼んだぞ爺!!!


kawasujyutuBC30000129.jpg


爺ーーーーーーーーーッッ!!wwww


かくして宮殿の古老は戦場の華と散った.....


八戦目を終えて戦況はかくのごとし。


kawasujyutuBC300001290.jpg


かくなる上は・・・・奴を出すしか無いか・・・錦蛇超を・・・・








【第九戦】


残り二戦。14P差で劣勢。


返す返すもこのような熾烈な戦いになるとは・・・・・前半の5戦も終えた頃には勝負の趨勢は


決して居るであろうと、勿論我らの圧勝で。そう信じて疑わなかったのだが・・・・


全くもって慮外過ぎる・・・・・だが、こちらとて打つ手が無い訳ではない。まさかほっこりプロレス相手に


このような劣勢の中でこの鬼手を使わされるとは思いも寄らぬ事だったが此処に至りては是非もなし。


彼の者を出すしかあるまい.....


戦いに戦いを重ね、やっとの思いで宮殿に招聘した漢。宮殿にはまだ、この漢あり!!!


宮殿の錦!


錦蛇超(コブラ)出ませいッッ!!!


nisikidatyou89.jpg


コブラなれば劣勢を一手で覆す事能う。いざ、反撃の狼煙を上げん。


勝負の趨勢によっては今回コブラは出さぬ腹まであったが、宮殿の守護神を引きずり出すとは。


されどコブラが出たからには・・・・


kobuhaikuobo.jpg


嘘だろ・・・・・・


コブラが敗退と・・・・・!?しかもノリに!#”$!


な・・・・何たること・・・・ここまで敵の布陣を読み切って尚、天が味方せぬとは・・・・


これは正直愕然としている。まさかここまで追いつめられるとは・・・・・宮殿最強のコブラがよもや・・・


小童めが!$#””!やってくれたな!!!!


九戦を経てポイント差は26P。


kobuhaikuobo2


しかし神仏奇跡を頼みにせず!逆転勝利を信じて疑わずに最終戦を待つ!








【最終戦】


コミュとしての勝利条件は4-1必須。


そして予想通り、伏兵か。それもきのっちさんと。


全てをこの漢に託す。


ファッキンガム宮殿、殿を務めるのは瓶割ジミー!!


ikuijb.jpg


これはもうね、何がどうとは言わないが、JBはオレの気持ちを汲んで最善の準備をしてくれた!!


オレの性格上、宮殿の在り方として、勝ち負け度外視とは口が裂けても言わないが、JBの粉骨を


目の当たりにして、オレは果報者である!!気骨を見せてくれた!!!


時に先陣を、時に殿を、時に総大将を務める宮殿の要、最後を任せるに相応しかろう。


これ、白みのるでキックを剥がしてくるだろうってのは、当然分かってた。


皆もそれは承知の上で。JBの最高のデッキでいこうじゃねーか!ってな。


kobuhaikuobo6.jpg


予想通り、キックは剥がされた。


だがしかし!


kobuhaikuoboLLL.jpg


JB!!!!!!!!11!!!


見事・・・・見事な殿である!!!!!何も言うことはない。


最後の最後でJBがオレの、そして宮殿戦士の溜飲を下げてくれた。改めて言いたい。


ありがとう文春!と。





かくして、ファッキンガム宮殿、二度目の敗北と相成った。


所属メンバー全員が総力で戦ってくれた結果である。受け止めて先へ進もう。


kobuhaikuoboLLL2


ふぅ・・・・自らのんだ条件とは言え、なんとも気が重い事か・・・・致し方なし・・・か・・・・。


ま、約定は約定よな。あのムカつく奴のブログ終わるんだwwwとか喜んでたやつ乙。残念だったな・・・


オレもすこぶる残念だよ。


とりあえず所感などは後日改めて。


KOKに出陣する二人の試合を見守ろうと思う。


宮殿諸君、お疲れ様でした!!


スポンサーサイト

Newer Entry愉悦と激怒と再起

Older Entry第三次 ほっこりプロレス VS ファッキンガム宮殿

Comments

お疲れさまでした 
対抗戦お疲れさまでした


すごく1戦1戦白熱でした
双方皆さん流石でした
 
 
無念のほどお察しします...
あのANTICHRISTさんが一度口にしたことを覆さなければならない悔しさはAION時代から知る者として痛いほど分かります。でもブログをまた見れるのは嬉しい気持ちもあって複雑です。またAION時代のようにキングオブプロレスリング?でも頂点をとってください。応援しています
 
ありがとうございました! 
今回の対抗戦はほんと激アツでした!!自分の改名もまのがれました!!また..
 
 
まるで本当に1つの戦を見てる気分でした。ご本人にとっては残念な結果教えてでしたが、やはりキンプロに、貴方のブログは必要だと想います。これからも楽しみにしています。
 
 
こちらではお初になります。覚えていらっしゃらないかもしれませんが、以前にANTI様より終焉世界の空の下で多くを学ばせて頂いた者です。
先の記録におきましては、私事にて最期を見送ることが叶わず不義理を働きましたことお許し下さい。

昨年の夏ごろより人づてにANTI様が別の下天で励みながら記録を綴っておられると知り、キンプロを知らずともクラゲさんの生放送共々楽しませて頂いております。
此度、臨んだ最終血戦も刮目しておりましたが、やはりANTI様にとっての「木暮」となる者が潜んでいる可能性が最期まで拭えなかった印象を受けておりました。
一敗地に塗れこそしましたがANTI様は不撓不屈の士。必ずや闘魂の空の下で大願成就すること心より応援しております。
 
Re: お疲れさまでした 
ラグナ

お前も今回出場できなかったのは無念だったろう。

でもこれを糧に、次は出場を懇願されるくらいの男になれ。

待ってるぞ
 
Re: タイトルなし 
JIN

そうだね。

この屈辱ははっきり言ってこれまでに無いね。

必ずや雪辱して。そうね・・・何をもって頂点と呼ぶのか難しいゲームだけども

また精進しますよ
 
Re: ありがとうございました! 
ノリ

この野郎・・・・

勝 利 お め で と う !!!

絶対なかしてやるからなお前ら!!!束の間の勝利の余韻に浸っとけよ!!
 
Re: タイトルなし 
雑魚ですが

まぁ、ブログって発信源があれば、元々ある素材にある程度の味付け出来るのは確かだよね

良かれ悪かれ、ね。

仕方ないね。これからもボチボチやることにします
 
Re: タイトルなし 
ろ凡人

なんと。

割と私のブログは他ゲーからの読者が多いというか、キンプロやってないけどーみたいな。

やってない人が読んで面白いのかどうか甚だ疑問だけども、不義理などとんでもない。

私は何時も気分次第ですぐ書くのやめちゃうからねw

いや、激励の言葉本当に忝なし。

貴方が言ってくれたとおりに不撓不屈の様を見せていきます!
 


 
05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04 06


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS