6杯砂糖のスカらない話

 

ほっこりプロレスという団体 宮殿メンバーロングインタビュー


Edit Category KOP
聞き手  某コミュニティー所属 ???

ききての



話し手  ファッキンガム宮殿

話し手1      話し手2     話し手3

話し手4      話し手6     sp2_photo03b.jpg


写真上段左から、クリスタルボーイ、ジミー坊や、コブラ・ザ・サイコガン

写真下段左から、ロビーキーン、ヤッポリット、パチョレック田中








ききての

- まずはリベンジ編、KING OF MAKERさんとの初戦の勝利おめでとうございます。今日はそこらも含めて次の相手や、対抗戦の盛り上がりとかについてお話を伺おうと思ってます。宜しくお願いします。


話し手4

「KOMに大差での勝利はホントに嬉しいですねっ!(個人では負けたのが悔しい)」


sp2_photo03b.jpg

「この歴史的圧勝劇にて、KOMさんがもしリベンジ返ししてくるとしても当分先でありましょう!
キッチリ敵さんにも、きっとトラウマモノのお釣りをつけての見事な勝利でしたね!Σd(ゝ∀・)」


話し手2

「将軍!斬新なデッキで快勝おめでとうござる! 総帥の見事な采配、まさにお見事でした!!!
皆様、リベンジ成功、お疲れ様でしたっ!」


ききての

- KING OF MAKERさんは今回の敗戦を受けてコミュ紹介文から”最強”の文字を降ろしてらっしゃいますね


gekitoeri16.jpg





kiboumisaki4.jpg


話し手1

「潔し。ま、あれだけの負け方をして最強とは言えまいよ。当分は敗北の味をしっかり味わえばいい。」


ききての

- 最近対抗戦も盛り上がってますね。新しい団体の旗上とかも多く見られて・・・


話し手1

「盛り上がる盛り上がらないはウチにはあんまし関係ないよ。ウチのスタンスはずっと同じ。戦い続けて
勝ち続けると。旗上したコミュもウチと戦ればすぐに団体畳みたくなるんじゃねーの?
それが嫌ならウチとニアミスしたら目を伏せて歩いたがいいね。」


ききての

- リベンジ編の次の相手は?


sp2_photo03b.jpg

「閣下に変わって私が^^; 次はほっこりプロレスさんの予定です。敗北した順が、KOMさん、ほっこりさん、
インドさん、の順ですのでね。」


話し手1

「そうだ、パチョ、お前名前変えろ。リベンジ感出すためにウサマ・ビン田中にしろ」


sp2_photo03b.jpg

「閣下、そればかりはご勘弁を^^; それは流石に洒落じゃ済みませんので(笑)」


kiboumisaki5.jpg


ききての

- なるほど。ほっこりプロレスさんとは一番因縁が深いと言うか、確か3度戦っておられるんですよね?ほっこりプロレスさんのイメージとか、リベンジに向けての作戦などありましたら。


話し手3

「非戦闘民族コミュってイメージですね。メンバーをみても全く脅威を感じないですね正直。
怖いのは助っ人外国人が強力なことくらいですよね」


話し手2

「ほこプロもね、随分と対抗戦やってるみたいですが、我々の実績には到底及ばないですよ。
試合数だと3倍、勝利数だと4倍も差があると。まぁそういうことですよ。ランキングを見ろと。なぁ金沢?」


話し手1

「あそこってさ、はっきり言って団体じゃねーんだよね。単なるMr.しものプロダクションと言うか。
団体というよりはプロモーション組織だね。だって居ないじゃん。生え抜きとかで団体愛とか感じる奴。
看板背負うような気概や強さのある奴ゼロだしさ、他所から強いの引っ張ってきて興行成立させてるだけよ。」


ききての

- 団体として成立していないと?


話し手3

「厳しい言い方ですけどそれは私も全く同意です。警戒すべきのなのはギジェくん位ですかね。
個人的に恨みがあるのは、前回負けたノリさんだけど、あとは有象無象ですからね。
叩き潰したいのはヤマトさんかな。こうやって挙げてもほっこりプロレスの自前のキンプラーって
ほぼいないですからね。」


話し手2

「.ほこプロってアレだろ?ほとんど助っ人で成り立ってるようなもんだろ。この際全員助っ人で
いいんじゃないか?次の対抗戦でリベンジ成功して、俺たちがど真ん中に立ってるよ、うん。」


話し手1

「Mr.しもも、自分のとこには使えないのしか居ないのをよく分かってるから他所から大物連れてくるわけでね。
身内じゃ興行が成り立たないんだからMr.しもも大変だろうなぁって同情するよ。
でもある種、メンバーの雑魚は雑魚で身の程をわきまえてるよな。オレが出ます!って言わないのは賢いよね。
いいと思うよ、それが卑怯とは全然思わないしね。ただ団体としては終わってるって話で。」


話し手6

「私は皆様とは違って、我が兄の突然の参戦表明を受け入れて下さった、心の広いしも様率いる
素晴らしいコミュニティだと。ただ、僭越ながらノア以外のレスラーのお名前を御存じないのは残念です。
スパイビーをダニーと呼ぶのを初めて見ました!」


ききての

- お三方からは厳しい言葉が出ましたが・・・ヤッポリットさんは割と好意的に捉えてらっしゃるんですね。戦ってみたい選手とか居られますか?


話し手6

「兄に席をお譲り下さった際に、俺よりちょっと強いからと仰ったミック様です。ミック様とは一度も対戦させて
いただいておりませんので、まだ私はその強さを目の当たりにしておりません。
是非是非素晴らしいデッキを勉強させていただき、ほっこりしたいです(笑)」


ききての

- なるほど。前回はお兄さまも出場されたのでしたね。ヤッポリットさんにとっては思い出深い相手でもあるわけですね。


話し手6

「はい。ほっこりプロレスの皆様には感謝をしております。本当に感謝をしております。
兄に代わりまして御礼申し上げます。あっ、でも、どなたかが仰っていましたね、スパイだからスパイビー。
大丈夫です。我兄弟、忘れておりません。
対抗戦ではもうダニー・スパイなどと呼ばせないように、目に物お見せしましょう。」


ききての

- ありがとうございます。ミックさんとの対戦が叶うといいですね。ではロビーさんやパチョレックさんは如何でしょう?


sp2_photo03b.jpg

「一見明るく楽しそうな雰囲気でらっしゃいますがf^^;)、
勝つ為ならなんでもやるイメージがあります。
かなりヒールでダーティーな団体イメージと申しますか…。
わかりやすく「ちびまる子ちゃん」のキャラクターで例えるならば、
俄然「藤木くん」でしょうね(^^)v
前回は『赤壁』と称して縁もゆかりもない大物を次々と呼び込まれ、
最後は最早ほこプロとは言えぬ異形の団体と化してらっしゃいました…f^^;)。
その無節操さ…、敵ながらあっ晴れであると共に、実はかなりヒいてました…f^^;)。
『赤壁』を持ち出せば何でもアリになるとお思いになりますな!!!」


話し手4

「イメージは、フィリピンの種馬」


ききての

- ロビーさん具体的にお願いできますでしょうか?


話し手4

「ヤりたい相手はMr.ほも(ん?間違ったかな?)」


sp2_photo03b.jpg

「KOK王者は少々酔っておられますので^^;
私は戦力面ではkoba.さんに注意してますかね。
とにかく補強速度がマッハであり、戦う時点でどの程度の戦力を有しているのか全く読めません。
そして当然、Mr.しも。
この御方の無節操さは、キンプロ界随一と言えましょう!!
次はどんな外聞もない策を弄してくるのか…要注意ですね!」


話し手4

「ヤル前に早漏決着となるでしょう」


sp2_photo03b.jpg

「チャンプ、それくらいに^^;
ほこプロさんにリベンジを果たす事は、世の秩序と正義の為に絶対に果たさねばならぬと承知しています!
またしても次々と、ほこプロ生え抜きメンバーをおざなりにしてた外部の助っ人探しに奔走されるのか
分かりませんが、私個人の希望としては、ほこプロによる・ほこプロらしい・ほこプロの魂に触れる戦い
がしたいですね!Σd(ゝ∀・)」


話し手4

「魂とか無い団体だからああいうスタイルなんですよ~」


ききての

- ほっこりプロレス=助っ人頼み と言う認識が大勢のようですが、翻してMr.しもさんのプロデュース力は認めていると言うとこでしょうか


話し手1

「無い無い。プロデューサーとしても2流もいいとこよ。」


話し手2

「ほこプロのエースって言うと将棋君かな?まぁ彼は大したもんだよ。キレがあるよな、うん。
気を抜くとうちのメンバーもポカするんじゃないかな。でも彼もしもさんのプロデュースで強くなった訳でもないし」


話し手1

「そもそも彼にプロデュース力あったらもっと生え抜きの選手が育って矢面に立ってるでしょう。
やっぽんは戦いたいって言ってたけどね、ザ・ミック選手なんかがいい例だよ。
彼こそがMr.しもプロデュースの代表すべき失敗作だろうな。ザ・失敗作だよ。」


kiboumisaki7.jpg


ききての

- と、言いますと・・・・?


話し手1

「と、言いますと・・・?じゃねーよ。お前そんな事も分かんねーの??
常々動画とかブログでも公言してんじゃん、Mr.しもがさ。
カードはミックさんに・・・って。カードもあげて、長い事付き合って、キンプロにおけるザ・ミックの育ての親
って訳だよな?でもどうだ?強い弱い以前に大きな対抗戦には選出すらされないだろ?ポンコツもいいとこだ。
動画の実況のパートナーとしてプロデュースしたって言うなら成功だろうけどなwww」


sp2_photo03b.jpg

「然りでありますね閣下^^; ミックさんがポンコツとは言いませんが、プロデューサーなら所属の選手を
輝かせるべきかと私も思います」


kiboumisaki6.jpg


話し手1

「ハイテンション若武者とかいい素材なのに持ち腐れだよな。
オレがプロデュースすればもっと派手に売りだしてやるし、一気に一流まで鍛えてやるけどな。
売りだされることもなく、試合にもろくに出してもらえずじゃ育つもんも育たんぜ。
餓えた狼どころか飼い殺しの犬っころだよ。
どうだ?そんな団体辞めてうちに来ないか?そんなとこじゃ明るい未来見えんだろう?」


ききての

- 分かりました・・・。ではほっこりプロレス戦の指揮をとられるコブラ・ザ・サイコガンさんに一言伺おうと思います。コブラさんお願いします。


話し手3

「10回やれば9回は勝てるコミュですけど。下手すると5人くらいは助っ人連れてきそうなので、
リベンジにはそこだけが不安要素ですかね。」


ききての

- ありがとうございます。ファッキンガム宮殿さんとほっこりプロレスの大戦になると毎回、数々の諜報戦、心理戦が見られるんですが今回はそこらの仕掛けなどは考えておられますか?


話し手1

「今回は特に敗者への罰とかは考えてない。真っ向からリベンジするだけ。
ただ、これは敵は勿論、仲間にも教えていないビッグサプライズを1つ用意してるよ。
彼らに相応しいサプライズをね。ヒント?ヒントはNOAH。
後、これは駆け引きとかとは別物で砂糖兄から提案があるはずだから。」


ききての

- サプライズはその時までのお楽しみってことですね。ハーマンさんからの提案とは?


話し手1

「砂糖兄は常にキンプロを如何に面白くするかを考えてるお方だからね。
決してどちらかが有利になるとかそういうアレじゃないよ。ま、強いて言えばほっこり側が有利になるかな?
いずれにせよキンプロ、対抗戦を楽しむための提案ということでね。
近日中に砂糖兄の方から発表があると思う。」


ききての

- ファッキンガム宮殿の皆さんありがとうございました。では最後に、この件についてもお伺いしておきたいのですが。

CdRS3KDUEAAymt7.jpg



話し手1

「コレナー」


話し手4

「マジっすかwwwww流石武道さんwwwwwwwwww」



ききての

- ちゃんこ行かれてたんですね・・・・


話し手1

「行ってねーよ!#$”!#$」


ききての

- ではこれは・・・・?


話し手1

「オレが聞きてーわ!!
オレ以外に悪魔将軍って名乗ってる奴がキンプロに居るのか、それとも行った3人がオレの名を語ったのか、
それとも、雑誌側の誤植か・・・誤植にしたってどうやったらそんな誤植するんだよ!?って話だよ」


ききての

- ではご本人ではないと。


話し手1

「少なくともオレじゃないのは間違いない。名誉毀損だこれは!
オレはイジリー岡田みたいな髪型してないし、紙袋持ってマスク被る趣味もないし、
ブッチャーみたいな先っぽが反り上がってる靴も持ってないから!!」


ききての

- では将軍は一体どのような?


話し手1

「KOKベルト獲った時にビシっとベルト巻いて写真送るから待っとけ。」


ききての

- では対抗戦、KOK、楽しみにしています。今日はありがとうございました。


話し手1 話し手2 話し手3
話し手4 話し手6 sp2_photo03b.jpg

一同 「うーす」




※ インタビュー内容はほぼ各自の原文ママ
スポンサーサイト

Newer Entryスカす団体と女子部夜這い

Older Entry報復(リベンジ)編 第一戦 VS KING OF MAKERS

Comments



 
06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05 07


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS