6杯砂糖のスカらない話

 

棚橋弘至関連


Edit Category KOP
概ね言いたい事は吐き散らしたので今回は少しだけ建設的な、建設的というと御幣があるが


新弾交えつつ、棚橋カードにスポットをあてて。攻略というかなんかそんなようなもんを。


主に現時点でも使用されているものに焦点を。


まずは新弾で収録の決定しているスリングブレイド。


104599456.jpg 104599456_o1.jpg


旧型スリングブレイドを比較対象に置いておく。


kyuugatasuribure.jpg kyuugatasuribure2.jpg


コストはいずれも0。☆の最大値も8。


新弾は☆の振り分けが3。旧弾は2。


☆の振り分けについては3つの方が1つがスカっても2つ出れば・・・と保険が効くと考える人も居れば


フル発動するのに3つ満たすよりは2つの方が簡単だと考える人も居るので好みで。


もっともおおきい部分はここだろう。


新スリングブレイドはムタに左右されない。


ムタの発動で死にカードとなった旧弾スリブレと比べて最も大きなアドバンテージと言える。


ムタの魔界転生に左右されない。☆も8でそこそこ。コストも安い。


そう考えると実に良カードなのだが、この通説には疑問が残る。


少々ネックになる部分は、コスト0のブーストを3人と言う部分。


例えば新日本本隊でデッキを組むとしてコスト0のブーストを当の棚橋以外で二人セットする必要がある。


コスト0のブーストなんてざらにあるので別に条件をみたすのは簡単なんだが。


kosu0bu-sutono3.jpg kosu0bu-suto2.jpg kosu0nobu-suto.jpg


スリングブレイドの条件を満たすために無理にコスト0を組み込む(火力や安定性を落としてまで)と言った


状況にならないようには気をつけたいところ。


特に最近のスタンダード公式はコスト45戦が続いている。そんな中、仮にコストを余らせてまでスリブレを


付ける価値が有るか?と問われると首を傾げる。


デッキ全体のバランスを鑑みつつ有用に使いこなしていきたい。


現状のメイン棚橋


たなはしめいんのに 棚橋めいんのいち たなはしめいんの4


使用頻度に差異はあるし、それぞれに問題を抱えつつも未だ現役で見かける機会のあるのはこの3種。


そして9割方、これらにダブルブーストを付けるとなるとこの組み合わせ。


tanasaidaiiryoku.jpg tanasaidaiiryoku2.jpg


棚橋のブーストで最高威力を叩き出せる組み合わせ。


ここに割って入れるか。あえて入れるかどうか、と言う点に関しては個々の考え方次第だが。


新型スリングブレイドの抱える問題点としてもう1つ。


たなはしめいんの7 


には使用不可と言う点。


未だ猛威を振るい続ける昨年のG1棚だが、レスラースキル発動条件にコスト1以上のブーストを必要と


する
ので間違って付けないように気をつけたい。


逆に言えばこのカード以外。先ほど挙げたメイン3種やそれ以外で言えば新弾含むここらには


バンバン使っていけると言うことも合わせて覚えておこう。


たなはしめいんの5 たなはしめいんの6 たなはしめいんの8
たなはしめいんの9 たなはしめいんの3


そうなると棚橋のブーストは新型スリングブレイドに場外HFF、12弾HFFを抑えて置けばいいのか?


と言う話だがもちろんそうはいかない。


たなはしめいんの3 たなはしめいんの5 たなはしめいんの9


最近の弾の棚橋はスピード以外のパラメーターが上昇するものが多いので、ここらを使う場合


そうなるとMAX発動にスピード+を条件とする12弾HFFが使えなくなる。


tanasaidaiiryoku2.jpg


そうなった時の選択肢としていくつかやはり優秀なブーストは抑えておきたい。


勿論先述した2015年G1棚のブーストの選択肢としても。コスト1以上が必要だからと言って


場外HFFは最終試合限定(MAX発動)だし、デッキによっては12弾HFFで毎回コスト3使うわけにもいかぬ。


そうなると抑えておきたいブーストとしてここらが挙がる。


boruizonnnowo.jpg boruizonnnowo2.jpg boruizonnnowo3.jpg


全てコスト1で高確率絡み。


ボルテージを上昇させる効果のあるツイスト・アンド・シャウトはボルテージ依存の選手やブーストの多い


本隊デッキならば有用。永田の白目、12弾本間、どんどん内藤などが居るならば組み込んでいきたい。


タッグ限定ながら高確率で全てが揃っているトゥエルブシックスも使い勝手がいい。


やや蛇足ではあるが、ヤン棚や、メイン棚へのブーストとしてここらも使えなくはない。


yanntanatokani.jpg yanntanatokani2.jpg yanntanatokani3.jpg


ただし何れも現在のインフレには付いて行けておらず、勝ち抜くには決定力不足。


当の12弾HFFですら今となってはやや厳しい。スピード+の棚橋カードが激減したのも相まって。


そういう意味では


メインで勝てる棚橋と同時に決定力に優れたブースト。


ここらの実装が棚橋使いにとって待ち望まれる。

スポンサーサイト

Newer Entryファッキンガム宮殿 戦績表

Older Entry昨日の続きとファッキンガム宮殿 個人戦績

Comments

管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 


 
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09 11


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS