6杯砂糖のスカらない話

 

対抗戦感想 対抗戦は勝つことが本


Edit Category 未分類
ノー波瀾ランニングボレー隼終戦


noharannrann.jpg
noharannrann2.jpg


10戦10勝と言う大殲滅戦の様相と相成ったけども、我々としては設立以来これ程長く(1ヶ月程度)対抗戦を


やらなかったのは初のことで、おそらくは休養期間に皆も英気を養った結果だろうと。






【安定感 = 一発勝負の強さではない】


と言うのが顕著に出たんじゃねーかな~。


Jrデッキは公式等の結果を見ても分かる通り、ここ暫くの運営の優遇により、公式を始めとする長期


リーグにおいて抜群の安定感と強さを発揮してる。


だけどこれは対抗戦だから。


20数試合の結果を問われる公式ならいざしらず、一発勝負で一戦だけ勝てと言われれば。如何にJrデッキが


強かろうと、一人一殺で一本獲ればいいだけならウチの連中にとっては造作も無いことですよ。


安定性よりも瞬発力が求められる対抗戦で公式のようなデッキ組んでもそりゃ勝てねーよ。


その辺、デッキやカード云々より、変な話、場数の差が大きく出たんじゃないのかな?


これ負けたらもう勝てない、ここで誰々が勝たないと、誰々を止めないと、最低3-2メイン獲りしないと、


みたいな場面を宮殿全員で共有してそれを潜り抜けて勝ち続けたからこその現状であって。


戦況や、予想される相手によってうちの面々はデッキ組み替えたりしますよ、明確な目的持って。


誰かが言わなくても各人が点数状況や自分の仕事を把握してるのがファッキンガム宮殿ですよマジに。


これはもう”それ”に専念して特化してきたコミュだから、ある種そうでない所とは差がついて然るべきだけど。


そういう意味で置きに来たようなデッキ狩るのはうちの奴らは皆得意よ。


工夫を凝らした物も散見されたけど、オレが見て思ったのは”それは何のための工夫なの?”って言う。


ここに関しては深くは言わないけど、対抗戦ってのは勝つことが本ですよ。


犬とも言え、畜生とも言え、ってやつだよ。


オレからすると工夫は見て取れるものはあったけど、対抗戦を勝つ形になってると感じ入ったものは無かった。


テンプレだと嘲られてもそっちが勝率いいならそうすべきだし、工夫発表会じゃねーからね、対抗戦。


勝つ形に繋がる工夫じゃなきゃ無意味ですよ無意味。


もう半隠居みたいな、まったく実績残せてないオレのようなプレイヤーに言われると腹立たしさもひとしおでしょう


けども、事対抗戦に限って言えばオレらが頂点であり、オレらを超える実績を残してる集団は皆無。


なので大上段から物を言いますよオレぁ。


甘い!!


甘すぎて不二家のペコちゃんが泣いて喜ぶレベル。


いや、ウチは対抗戦はそれほど重要視してないから!と言うのであればそれはそれで結構だけども


少なからず挽回を期す思いがあるのであれば、勝つための形、デッキ、コミュ全員の思考、諸々整えて


もう一丁、だね。


こんだけボロカス言われて、木っ端微塵にだれて、それでも尚、もう一丁!の心意気がジュニアコミュに


残っているのなら、キンプロ最後、ファッキンガム最後の対抗戦の相手は空けておこうと思ってます。



スポンサーサイト

Newer Entryファッキンガム宮殿所有ポイントの外部への配布について

Older Entryコミュニティー対抗戦

Comments



 
03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

02 03


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS