6杯砂糖のスカらない話

 

覇王翔吼拳を使う奴が相手なら、弱SABを使わざるを得ない・・!


Edit Category 未分類
タイトル通り。


KOF14ではスペック的に辛かったクラークさんがアップデートによりKOF1のタフガイに!


kurahennko1.jpg
kurahennko1B.jpg


【受けの美学】


遠距離Dの強化やランニングスリーの強化もさることながら、産廃だった弱SABに無敵時間&ガードポイント


が付与
されてタフな闘いが可能に!


飛び道具は通常、超必問わず弱SABを利用してノーダメージでやり過ごせる。


覇王翔吼拳を使う奴が相手なら、弱SABを使わざるを得ない・・!





勿論キャラや距離によっては飛び道具と同時に突っ込んでこられると、硬直中に攻撃を叩き込まれる


危険性は付き纏う
ので過信は禁物だけども。とりあえずタフさと漢らしさを見せつけたい場合はアグレッシブに


弱SABで耐えて、受けの美学を披露するといい!!1!


真・天地覇煌拳などの投げ判定が無い技は、耐えると同時に投げると言う流れは無理だが、弱SABでやり過ごして


相手の硬直中にコンボを入れることが可能。





【フラッシングエルボー】


に関しては、お手軽にUABがスパキャン可能になったが、上記動画の2つ目のような場合、EXマウント後に


MAX状態は切れていて、フラッシングエルボーは通常になってはいるが、EX技後の派生技はMAX時間が


切れていてもEX技扱いとなるのでスーパーキャンセルは不可。
(動画2つ目の状況)





【EXサドマゾから】


は各種追撃可能。




スポンサーサイト

Newer Entry最近のプロレスあれこれ

Older Entryロックハワード(コブラからの課題コンボ)

Comments



 
05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04 06


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS