6杯砂糖のスカらない話

 

練習するとは


Edit Category 未分類
レシピ構築(解析)





コマンド分析





震えるほどトレモ





燃え尽きるほどトレモ





CPU戦





対人





親がッ 泣くまで トレモをやめないッ!





最初に戻って繰り返し





馴染む 実に! 馴染むぞ(という感覚)





山吹色の無敵の龍


enaikotomonakuhanakumonai.jpg





とか言う長い長い道程を経て。高村光太郎も驚くくらいの遥かなる道程を経て、自チームにキャラが加わる


訳だよ。クリスタルボーイジャパンのスタメン3人のうちの一人として!!!


なに急に!?って話だけども、「どう練習したらいいですか?」って聞かれたから!


流れを、あくまでオレ流の流れであって正解不正解は人それぞれだと前置き(逃げ道作って)した上で


説明する。


【レシピ構築(解析)】


これは文字通りですよ。まずは自分がやりたい、実戦で導入したい連続技を自分で構築していく。


J強キックから入って立ちCに繋いで...それからうんたらかんたら....ってな具合に。


オレはメモしてる。なんせオレ脳の記憶メモリー少ないから。ペットボトルのフタくらいしか無いから!


この時に繋げやすさ、実用性、ダメージとかを考えながら構築していくわけだね。


JD>D>強暫烈拳>弱暫烈拳>龍虎乱舞>EX覇王翔吼拳>ビルトアッパー>EX龍虎乱舞


みたいな感じで汚ねぇ字でメモ帳に書くわけよ。


(発動無し5ゲージ)





まぁそういう感じでコンボレシピを構築していく作業が最初。


或いは動画とかに上がってるコンボで使いたいなってのがあれば、それのコンボレシピを解析して


って作業ね。どうやって繋いでるのか、どういうコンボパーツを使ってるのかとかね。


※厳密に言えばこの工程の前に、使うキャラの通常技から必殺技、移動速度諸々スペックを調べる
のが第一ね。



【コマンド分析】


これは最初のレシピ構築の延長と考えていい。


レシピ作って、すぐにその通りできるならOKなんだけど、どうしても引っかかる部分があったりしたら


分解してその部分だけを練習する。その中でコマンドの繋ぎ方で、前々回に書いたような簡略要素


が無いか、或いは暴発しやすいなら暴発防止のためのコマンド入力は無いかとか、細かく分析する作業。





例えばオレはこのコンボの場合、


JB>D>氷柱割り>発動>D>EX虎煌拳>EX飛燕疾風脚>虎咆>屈A>発動>EX暫烈拳>虎咆>龍虎乱舞


緑部分が上手く行かなかったわけ。安定しないというか。なのでそこを徹底的に練習した。


そんな感じで苦手部分のコマンドの改造が出来ないかどうか、どういう入力をすれば成功率が上がるかの


検討を重ねる作業だね。


 暴発防止に関しては例えば、ビルトアッパー(虎咆)が覇王翔吼拳に化けてしまうって人は
虎咆→↓↘Pを→↘↓↙←↘Pで出せば暴発しない。


【震えるほどトレモ~燃え尽きるほどトレモ】


簡単。ひたすらトレモで練習する!まずは構築したコンボを確実に近い形にする。


その為にはひたすらトレーニングモード!!これしかない!その中で開始位置を変えてみたり、途中のコンボ


パーツを変えてみたり、ダメージやキーディスプレイを確認しながらひたすら修練!





JD>D>氷柱割り>発動>D>EX虎煌拳>強飛燕疾風脚>虎咆>屈A>発動>EX暫烈拳>
EX飛燕疾風脚>虎咆>龍虎乱舞



先鋒3ゲージ。EX虎煌拳の後を強飛燕疾風脚で拾う事でEX飛燕疾風脚で拾うよりも屈Aのタイミングが


ややシビアに。代わりに発動>EX暫烈拳のあとにEX飛燕疾風脚を3段HITさせることが出来る。


※ 最初をEX飛燕疾風脚にした場合、次のEX飛燕疾風脚は2段しかHITしない


トレモで最低でも90%以上の成功率じゃないと、実戦での成功率は20%以下だと考えたがいい。


寝ても覚めてもトレモ。親が死んでも女と別れても、会社休んででもトレモォォォ!!


【CPU戦】


トレモで木偶相手にひたすら練習したら、次は実際に動く相手で試す。自分の意思とは関係なく動く


CPU戦でもトレモで練習したコンボが着実に決めれるようになるまで修練する。


JD>D>氷柱割り>発動ふっ飛ばし(BCD)>EX虎煌拳>弱虎煌拳>EX飛燕疾風脚>虎咆>屈A>発動>
EX暫烈拳>虎咆>龍虎乱舞



トレモの中でダメージ量を上積みできるならしたり、コンボの簡易化を図ったり、入り方のバリエーション


増やしたりいろいろ改良して、それもCPU戦で試す感じで。





【対人】


そしてトレモやCPU戦である程度の完成を見たならば、満を持して対人戦に投入すると!


トレモで10割成功するようになったとしても対人になれば、そのコンボを決めるまでのプロセス(立ち回り)


という部分が要求されるわけで、コンボだけを成功させればよかったトレモとは違って、そのせっかく


習得したコンボを決める場面を自分で作る、或いは相手のミスをしっかり突く必要性がある。


トレモで出来る=対人で決めれるでは無いんだよね~。


JD>D>氷柱割り>発動>D>EX虎煌拳>強飛燕疾風脚>虎咆>屈A>発動>EX暫烈拳>
EX飛燕疾風脚>虎咆>覇王翔吼拳>EX龍虎乱舞





決める状況作り+トレモで完成させたコンボが噛み合って初めて....ってな感じでね。


当然ここで決めれる場面を作れなかったり、せっかくの場面で焦ってミスったりするようなら。


トレーニングモードに戻らざるをえない。





って流れを繰り返して、考えたりミスったりせずに自然と馴染んでコンボを決めれる流れで確実に決めれるように


なるまで何度でも上記の流れを繰り返す。


そしてほぼ完璧に決めれるようになった時!!










オレ何やってんだろ・・・・・


って思うんだよねいつも!^^!

スポンサーサイト

Newer Entry5人リーグの結果

Older Entry簡易入力と根性入力

Comments



 
06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05 07


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS