6杯砂糖のスカらない話

 

武道の奇妙な冒険 特別編 公式前に...覚えたぞ......!


Edit Category KOP
本番(公式)前に疲労困憊になるほど全力で臨んだリーグ戦が終了した。

改めて、誘っていただいたクニ斎藤(ビッグ・ザ・ク(ニ斎)藤)さんはじめ、私とヤマトと言う異分子を

受け入れてくださった参加者の皆様に感謝したい。ありがたし。

やはりこのレベルのプレイヤーの中に身を置くと、学ぶものは多く、実に収穫多きリーグでした。

kekkabudo1

kekkabudo2

kekkabudo3

オドレら、そこはワシに華もたすとことちゃうんかい!

などと思わぬ事もないが、誰がベスト武道ニストかは公式で決めようじゃないか・・・・!

あ、武藤総帥は約束通り次オレと当たって勝つまで名前そのままにするように。

さて、ブドレンジャイは一旦置いといて、このリーグで得た物を自分なりにまとめておきたい。

いつものように上級者にとっては毒にも薬にもならぬ内容であるから、望むらくば初心者へ捧げたい。











【衆寡敵せず】

武道

と言うとこの場合若干ニュアンスがずれてしまうが。

やはり感想としては現時点での選択肢の多さ、層の厚さ、その他諸々から行くと戦力的には

本隊>グレーテスト>>CHAOS≧BC>NOAH

といった構図になるのではないかと実際戦って感じている。

「いや、そげんこつはなか!ワシのNOAHだけはガチじゃけぇ!」と言う意見もあろうが、

あくまで私個人の感覚であるので、そういう熱い意見はとりあえず置いて話を進める。

やはり本隊は強い。そしてグレーテストのシングル戦における猛威。ここらはやはり、選択肢の多寡が

そのままデッキの強弱として具現化しているのだなと。ではBC、CHAOS(NOAHはほっとく)では

それらに太刀打ち出来ぬのか?と言う部分だが。














【甲は乙より優れども丙に劣り、丙は甲より優れしも乙に劣る】

と言う言葉があるが、キンプロも例外ではないと考える。

カード毎に、或いはユニット毎に、ある程度の相性というものが朧気ながら存在すると考えている。

例えば私の場合、グレーテストデッキを擁するほげさんに本隊デッキで散々に打ち負かされてきた。

ついでに言えばこのクソッタレ野郎の首から下はワシの祖父、ネプチューンキン、いや、言うまい。

hogeosann1.jpg

しかしながら、ほげさんはじめ、コミュのグレーテスト使いとも対戦し、一敗地の恥辱に塗れるうちに。

hassi-.jpg

hassi-2.jpg

後ろ橋本

「たしかに…………憶えた……ぞ」

グレーテストに限らぬことだが、やはり各ユニットそれぞれ、ある程度の共通点とでも言うべきか。

突飛なデッキではない限り、使用される選手もおおまかに想定できる。

で、あるならばそれに対して対策を講じるのは難しくはないのであって。

まずは1点、1グレード。そこを切り崩す妙案を立てれば、そこを契機に全体を切り崩す事も能う。

「どうせガチ勢には勝てない....」

とかネガる前にまずは1つ。5試合の内、1勝だけを得ることから始めたい。














【彼(てき)を知り、己を知れば、百戦危うからず】

己のデッキをしっかり把握するなどは至極当然の事である!!!

とか言いつつ把握してなくて砂糖さんに質問したのは諸君らの親御さんには内緒にして欲しい。

ある程度の各ユニットの傾向や相性などを把握したならばあとはそれを想定したデッキを煮詰めていく。

と、簡単に言うものの、それらを把握するにはやはり多種多様な人との戦闘による経験が必要な訳で

平素、自分からそういう場を積極的に求めて行きたい。

そこらも含めて、今回のリーグに参加できたのは僥倖と言えるのだ。

そして一度覚えたなら・・・・

剣の周りにカード

「一度闘った相手は たとえデッキが変わったとしても、

絶対に…絶対に絶対に絶っ…~~~~~~対に!

負けなあああああああいィィィ」


とか、言いたいところだが、実際はここに至るまでほげさんには10回以上シゴされてるんだが、

それはまた、別のお話・・・・・

















ここは誰でも分かる簡単な相性の問題で。橋本とファレ。

ここらでとどめのとっておきのダメ押しというやつを出すからだ

これにはッ! 勝てるかなッ!! 承、いや、ほげッ!!

『トンガ人』プラス『バッドラックフォール』 二刀流ッ!


剣

hogeosannana.jpg

やったッ! 勝ったッ! 仕止めたッ

といった具合で、BCデッキならば迷わず橋本にトンガ人を当てようというのは私のような素人でも

考えつく、相性の最たるもので。

とりあえずはここで余程の事(ファレスキル不発等)が無い限り、1勝を得るであろうというのは折込済。

残りの2勝をどう得るか、が頭を悩ます問題となるわけだが、私の考えは件の如し。












【敵の強きには弱きをあて、敵の弱きに強きをあてる】

これはあくまで私の考えであって、例えば「敵の強きにはより強きをあてて崩す」といった考え方の人も

当然居る。どちらが功を奏すかはケースバイケースだろうね。

さしあたって、例を挙げて説明したい。

例えば相手のG2がこういう組み合わせだった場合。

つよきよわき2

読者諸兄ならば何をぶつけますか?と言った具合で。

ここに例えば本隊ならば 85546462_th.jpg をぶつけてブロディーから勝ちをもぎ取りに行く

或いはCHAOSであれば 63839757_th.jpg でブロディー粉砕じゃい!!と言う人もいるだろう。

「いやいや!ワシのノアデッキなら!」と言いたい熱きノアファンも居るだろうが

20100902002342.jpg 私はNOAHの話はしていない!今後する予定もない!

強者に強者をもってあたる。

それが不正解と言うつもりはサラサラ無く、なるほど良策であろうと思う。

だがしかし私はそうはしない、と言う事。内藤や中邑をぶつければブロディーに対して五角以上の

戦いは可能だろうが100%勝てるか?と問われれば甚だ疑問。

勝てる可能性も大いにあるが、負ける可能性も大いにある。と、考える。

「戦る前に負けること考える奴が居るかよ!」と言われたら仰るとおり。

武道的戦術を申さば、ここは爽やかに勝ちを捨てる。 笑顔で。

とは言え、ただ負けるのでは意味が無いので、負けると決めたならば、コストカットや支援に回せると

いうわけだ。実際私は下記のような構成でブロディーと相対した。当然、全敗だったがね。

つよきよわき3 つよきよわき

何が言いたいかと言うと、勝敗定かならぬ場所に主力を投じない。と言うのが私の基本戦術であると。

いっそ敗けを受け入れて、確実に獲れるであろう他グレードに戦力を投入する。

正しいとは言わぬが良策の1つでとは言えるのではないだろうか。













先述したように、まずはどこか、”1グレードだけでも勝てる”場面を作るのが大事。

その1勝を得る方策と選手を見出したならば、それを軸にあと2勝。

武道思うに、

大抵のグレーテストデッキには穴(弱き)が2つ有り

niyari.jpg

これはコミュリーグで感じて、今回のリーグでも感じたこと。おそらくはグレーテスト使いの人自身が

感じている事だろう。分かっていながらコスト問題等で改善の難しい部分ではないだろうか。

無論これはこちらのデッキにも依るのだが、BCデッキならばその穴、弱点2つは獲れる!

その1つはBCデッキから見ればG3の橋本であるわけだが、この橋本が本隊相手やCHAOS相手にも

穴となるか?と問われるとその通りではない。そこがこちらのデッキにも依るといったところ。

そしてそれはグレーテストに限らず、全グレード勝利を望める構成と言うのはどのユニットでも難しい。

が、それに最も近い陣容を整えれるのが本隊であろうと思う。

そこらの議論はさておき、全体で勝利するには最低3勝が必要。

CHAOSであればオカダと中邑(或いは矢野)あたりで確実に2勝したいし、それぞれのユニットで確実に

勝ちたい、と言うグレード、捨て試合になるグレード、色々あると思う。

20110325110051.jpg

そして不安定要素も当然ある。

ここが勝てれば・・・・的な。薄いながらも出来れば勝って欲しい、みたいな場所だ。

私のような考え方でいくと、2勝の目処と同時に2敗もほぼ確定する。

そうした時に不安定要素の勝敗が肝心になるのだが。私のBCデッキの場合

yuujioi.jpg

であるのだが、実際には他ユニットも割合G1は手薄の様相にて、想像以上に勝ちを得た。

ゆうじろう

ゆうじろう2

ゆうじろう3

ゆうじろう4

ゆうじろう5

ゆうじろう6

実は裕二郎以上に不安定要素がBCデッキには居るわけだが・・・・

12弾か10弾か、メインか否か・・・個人的には10弾セミ、メインはリアルロックンローラー。

12弾はちょっとしんどいですね(長州ぽく)ってのが私見。

さて、長々と書いたがまぁよく分からんかっただろうな!いいよ別に!!!!

とりあえず相手の陣容が分かるならば、と言うのが前提の文だけども、実際公式で戦うにもそれなりに

使える部分もあるのかなーと。

いずれにせよ本当に得るもの多いリーグでした。

公式ね、ある程度まで上がれれば彼らと再戦も能うか。いっちょやりますか!



Newer Entry飛魚のアーチをくぐってドラゴンリングイン

Older Entryホイミスライムは仲間を呼んだ 武道Eが...

Comments

御意 
急な参戦あざっした、公式で会いましょう!
雪辱戦は公式かブロガー杯か、うずおコミュと全面戦争!?
 
Re: 御意 
武藤さん!こっちこそありがとうございました!

ブロガー杯・・・さっぱり自信ないですw


 


 
11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10 12


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS