6杯砂糖のスカらない話

 

【G1 CLIMAX 25】今日のマイケルエルガン


Edit Category プロレス
得る勝ち  VS  bt_14_031_thumfac_sp.jpg


死闘


これは最近の新日本には珍しいどこに出しても恥ずかしくない死闘


真壁、後藤、あそこらともぜんぜん違う、まさに石井とエルガンは最高に噛み合ってた。


無念


それだけにエルガンの敗北は無念極まりないが、もう一度はっきりと言いたい。


マイケルエルガンにハズレ無し!


エルガン担当してよかった!!!


得る負け  VS  bt_14_031_thumfac_sp.jpg


マイケルエルガン 4勝5敗 勝ち点 8


エルガンの再来日を強く願って、これにてエルガンの追いかけ記事を終了とす。

【G1 CLIMAX 25】今日の棚橋弘至


Edit Category プロレス
棚橋価値  VS  bt_14_033_thumfac_sp.jpg


勝ち点12同士。


無効試合にならない限りは勝ったほうが決勝進出。


静かな立ち上がり、AJはセコンド無しで入場。


gunnsodoxu.jpg


グラウンドからスタンディングのフェイスロックの差し合い。


お互いの動きを読みきった攻防。


この二人のレスリングは安定感、安心感、共に頭1つ抜けている感じがある。


AJの足を鉄柱に打ち付けて、棚橋得意の足攻めの布石開始。


場外戦でペースを握り返すAJ。


二人共にロングシリーズでの怪我や疲労はあるだろうがそれを感じさせない動き。プロフェッショナル。


棚橋と同じくAJも棚橋の膝へ集中攻撃を開始。カーフキラーへの布石か。


お互い膝を気にしながら5分経過。


AJを場外へ突き落とすと棚橋は場外HFFで攻勢。


gunnsodoxu2.jpg


対するAJはリング内へ戻った後に、フェノメノンDDTで反撃。両者出し惜しみなし。


gunnsodoxu3.jpg


ダルマ式ジャーマンからドラゴンスクリューでペースを握りかけた棚橋だが、レフェリーを盾にして流れを変えた


AJが金的。棚橋も金的をお返しで、お互い股間を抑えて悶絶。


gunnsodoxu4.jpg


打撃合戦。


AJのコンビネーションにドラゴン式張り手で対向する棚橋。


突進した棚橋をAJのカーフキラーが捕獲。


gunnsodoxu5.jpg


1分近くの間絞り上げられるも耐え切った棚橋がロープエスケープ。


続けてブラディーサンデーを狙うAJをツイスト&シャウトで切り返す。


スリブレ狙いの棚橋を今度はAJがスタイルズバスターで切り返してお返し。


スタイルズクラッシュ狙いを耐えた棚橋がスリングブレイドを完璧に決める。


掟破りのスタイルズクラッシュ狙いの棚橋をアンクルホールドで切り返すAJ。


高度な読み合いを制して棚橋が再度スタイルズクラッシュへ。完璧に決まるがカウントは2。


gunnsodoxu6.jpg


続けてのHFFで勝負ありかと思ったが、AJが剣山で迎撃。


自らのフィニッシャーであるスタイルズクラッシュを被弾したAJが今度は、棚橋のフィニッシャーであるHFF


(形はマッドスプラッシュ)でお返し。両者ともに相手の得意技を出しあう。


gunnsodoxu7.jpg


カウント2.決まらない。


ブラッディーサンデーを決めスタイルズクラッシュの体制に入ったAJの足をすくってグランドドラゴンスクリュー。


ドラゴン式張り手に対してオーバーヘッドを放つAJの足をキャッチしてリバースのグランドドラゴンスクリュー。


足を抑えながら立ち上がるAJにハイフライアタック。


続けて正調のHFFで3カウント。熱戦にピリオド。


gunnsodoxu8.jpg


棚橋優勝決定戦進出決定。


棚橋価値  VS  あじぇまき


棚橋弘至 7勝2敗 勝ち点 14


これによりキンプロ棚橋カードのMAX発動も確定。


bt_14_040_mainrev_sp.jpg

【G1 CLIMAX 25】今日のオカダカズチカ


Edit Category プロレス
丘勝ち  VS  bt_14_044_thumfac_g1.jpg


IWGPチャンプにしてG1トップ爆進中のオカダと脇腹の負傷に加え戦績も振るわない永田さん。


岡田がオカダになってからは注目の初シングル。


戦前の言葉をとっても眼中に無しといった態度を一貫するオカダと、オカダ戦へ意識を向ける永田。


オカダの入場からコーナーへ昇ってのアピールを一顧だにしない永田。


対するオカダは外道と談笑する余裕も。試合開始。


序盤の差し合いは永田が制してスープレックスからグラウンドへ。


オカダのラリアットをリンボーダンスでかわしてニヤリ。これにはオカダも苦笑。


手4つから再び差し合いを制した永田がグラウンドの攻防へ引き込む。


なんとかスタンディングへ移行したオカダを再び腰投げからグラウンドへ。確実にオカダを上回っていうる


部分で活路を見出す永田。


スタンディングのエルボーから始まる打撃合戦も永田が制して膝蹴り連打からミドルキックでテイクダウン。


打撃と寝技。譲れない2つの要素で圧倒的力を見せつける永田がナガタロック2を極めて5分経過。


ペースを掴めないオカダは場外戦に活路を見出す。鉄柵を利用したDDTで攻守逆転。


鉄柵で負傷箇所を打った上に、当たりの深いDDTで永田ダメージ大。


なんとかカウント17でリングへ復帰した永田をセントーン、変形のストレッチで負傷箇所である脇腹へ


集中砲火するオカダ。


さらにセントーンアトミコで追撃して永田悶絶。エルボーの打ち合いも脇腹を蹴られ続かない。


徹底した脇腹攻めへ珍しくオカダへブーイング。


なんとか蘇生した永田がコールの後押しを受けてミドルキック、張り手などで反撃開始。


しかし長くは続かず。


すぐに反撃に転じたオカダの飛距離の長いダイビングエルボーで再び脇腹を押さえ永田ダウン。


レインメーカーをエクスプロイダーで返し三度打撃合戦へ。


足から崩れ落ちる永田へ追撃のラリアットを敢行したオカダ。その腕を巻きとって脇固めの要領でオカダを


組み伏して腕固め。ロープエスケープしようとするオカダを引き戻して白目降臨。


siromeokadasenn.jpg


再度エスケープを試みるも永田は許さず。再びリング中央へ引き戻して二度目の白目。


オカダの腕を蹴りまくる永田。


レインメーカーをフロントキックでカットして、投げっぱなしジャーマンで永田大攻勢。


続けざまに急角度のバックドロップで叩きつけるもカウントは2・・・・


siromeokadasenn2.jpg


決まってもおかしくない一撃だったがこれで勝敗は見えたか・・・


リバースネックブリーカーを喰らって立ち上がった永田が渾身のタイナーもオカダにかわされ後頭部へドロップキック。


ツームストンを意地のフロントスープレックスで返すも再びドロップキックを受け、ツームストンを被弾。


siromeokadasenn3.jpg


レインメーカーで万事休す。永田轟沈。


敗れるも今大会の自身ベストバウト級の試合を残した永田さんに拍手。


丘勝ち  VS  いいしあいだった


オカダカズチカ 7勝1敗 勝ち点 14

【G1 CLIMAX 25】今日のマイケルエルガン


Edit Category プロレス
得る勝ち  VS  bt_14_037_thumfac_g1.jpg


本日もやって来ました。ハズレ無し!エルガンタイム。


相手は荒武者。ある意味では殿VSハゲという超異次元対決。


G1という舞台に助けられたという部分もあるにせよ、初登場からこの短期間でここまで観客の声援を


ガッチリ掴んだのはひとえにエルガンの実直なファイトゆえ。


マイクが冴えるでもなし、容姿がいいでもなし。リングの上のファイトで観客を魅了した。


それがそのまま声援に繋がっている素晴らしい。


誰とやっても噛みあうのはしっかり勉強もしているという証拠。


パワーがあるパワーがあると言われるエルガンだが、特筆すべきは腰の強さ。


空中で100kg超える人間をキャッチする、あの滞空時間の長いブレーンバスターにぶっこ抜き。


見た目だけではないしっかりとした筋肉を作り上げている証拠ですよ。


批判を恐れずはっきり言うぞ!!


エルガンはAJに勝るとも劣らない良外人!


erugannjikiki.jpg


最後は後藤式で丸め込まれるも、後藤へ起き上がりを促すと、後藤の手をとって勝者を称える。


敗れて尚後楽園に鳴り響くエルガンコール。


重ね重ね素晴らしいファイターですよ。マイケルエルガン。


ロビーさんには申し訳ないけど後藤あたりに寝せるのもったいないくらい


得る負け  VS  bt_14_037_thumfac_g1.jpg


マイケルエルガン 4勝4敗 勝ち点 8




【G1 CLIMAX 25】今日の棚橋弘至


Edit Category プロレス
棚橋価値  VS  bt_14_049_thumfac_g1.jpg


棚橋は徹底して膝攻め。


フィニッシュはHFFなんだけど、相手の機動力を奪う、特に対戦相手の真壁のフィニッシャーがキングコングニー


なので膝殺しは有効だ。と、言う事にしておこう。


ま、真壁VS棚橋って感じの試合だなーと・・・


本物のプロレス・・・・?オレは真壁のプロレスがそうだと思ったことは一度も無いけどな。


棚橋価値  VS  まかまじけ


棚橋弘至 6勝2敗 勝ち点 12



 
05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04 06


 
 
クリスタルボーイ
 
プロフィール

クリスタルボーイ

Author:クリスタルボーイ

 
 
 
 
 
フリーエリア
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QR
 

ARCHIVE RSS